ファミリーの1歩先には親子スタイル

親は究極において理不尽でなければならない

この記事には異論反論がいっぱいある人もいるだろう。
でも、こんな考え方もあると、まず「一旦は心に受け止めていただいて」から、反論をいただけると幸いである。

自分の父は中卒であるが、読書家であって忙しい仕事の合間をぬって老荘とか、史記などの中国の古典などをよく読んでいた。
その影響もあって、自分も本を読むようになったわけである。

ところがこの父は血の気が多く、激昂すると長靴をはいたまま子供を蹴ったりしたものだ。

しかしながら自分はこの父が決して嫌いではなく、今は尊敬しているのである。
まだ自分が独身だった頃に、父と子供の教育について議論をしたことがある。

20歳過ぎの頃の自分は対話主義者だった。
話せば分かるっていう考えである。

ところが、父は違うのである。

売春の是非の話になった時に、自分の見解として、
「何で、売春をしてはいけないのか、わからないので、売春をするなってことを子供に強制できない。」
と言ったら、
「売春をしちゃいけないっていうのは理屈じゃないんだ。じゃあ、お前に将来子供ができてもそう思うのか?」
「そう思うかもしれない。」
「本当にそうならお前は親にならないほうがいい。」
と言われたのである。

「いいか、売春を子供するってことになったら、そんなもんはぶん殴ってでもやめさせればいいんだ。理屈じゃないんだ」

この時の自分にはこの言葉の意味が正直よく分からなかった。
でも今の自分にはこれが非常によく分かる。


人としての倫理の根本とは何か?

「殺してはならない」

という大きな人倫の根本の命題がある。
しかしながら、では「何故殺してはいけないのか」となると非常に難しい。
自分が殺されたら嫌だと思うように、他人も嫌だと思うからだ。
とかそんな説明もあるが、

  • 戦争の時は何故他の人を殺してもよいのか?
  • 死刑囚を殺すのは何故か?
  • 胎児を中絶で殺してもいいのは何故か?
  • 牛や豚は殺して食べてもいいのに何故人間を殺してはいけないのか?

これらにきちんと答えられる人がどれほどいるだろう。
子供が、もし、人を殺してみたいから外人部隊に入りたい。それなら、法に触れないからいいだろう。って言ったら、どうやってこれを止めればいいのか?議論で打ち負かすことができればいいが、逆に打ち負かされる場合も大いにありうる。

売春も同様である。何故悪いのだ。っていう議論になると、

  • フランスでは売春は合法だ
  • 売春しても誰も困らない
  • ちゃんと避妊もしてるし、病気にならないように気をつけている

などという反論がありうる。これを打ち負かすのは容易ではない。議論をして、もし、親が言い負かされてしまったら、子供のほうが正しいということになってしまう。
どのような問題でも、何で、何で、って理由を突き詰めていかれると、最終的には、必ず議論に負けてしまう。守る側は弱いのだ。
これらを子供と議論をしてはならないと思う。絶対負けることは許されないからであって、負けてしまったとしても正しいことは正しい。
最初から結論は決まっているが、その結論を論証することは難しいので議論をしてはならないのである。

人倫の根本というものには合理的な根拠というものはない。
それを何故犯してはならないのか?
自分の良心を裏切ることになるからだというのが自分の考えである。

まず、そのようなことを子供が言ったならば、まっすぐジッと目を見るべきだろう。自分の良心にわずかばかりの呵責もないのか?それを無言で問うべきである。
それでも、子供があえて自分の良心に反してこれを強弁して行おうとするならば、その時は鉄槌を下すのは已む無しと思うわけである。

この論はあくまで著者の見解であり、親子スタイル全体の意見を代表するものではありません

文責 田村義隆

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • 良心 議論 不寛容 売春 殺人
カテゴリ一覧