ファミリーの1歩先には親子スタイル

クリスマスに絵本のプレゼント♪

今日はクリスマスイブですね! OSG世代のお子さんたちは、もう「サンタさんからのクリスマスプレゼント」という年ではないのかもしれませんが、たまには絵本のプレゼントなんていかがでしょうか。

普段は絵本も読まなくなっているかもしれませんが、最近は「絵本ブーム」で、「大人向けの絵本」などもたくさんあります。

面と向かってはいえないメッセージを伝えてくれるものもありますので、そういう絵本をプレゼントをしてみるといいかもしれませんね。

まったくの独断なのですが、いくつかおすすめ絵本をご紹介させていただきます。



『ハグタイム』 パトリック マクドネル (著)  覚 和歌子 (訳) あすなろ書房

ハグタイム

↑子どもも大きくなってしまうと、「だっこ」などのスキンシップが少なくなりますよね。たまには「ハグ」をしてみませんか? もし、それが気恥ずかしくても、この絵本を渡せば「ハグしたいくらいの気持ち」が伝えられるかもしれません。

『おくりものはナンニモナイ』 パトリック マクドネル (著)  谷川 俊太郎 (訳)  あすなろ書房
おくりものはナンニモナイ

↑『ハグタイム』と同じ作者の絵本。モノがあふれる世の中、ほしいものは何? ナンニモナイ? 本当に大切なものは何かを考えさせてくれる素敵な絵本です。

『Love』 ジャン・ベルト ヴァンニ (著) 三辺律子 (訳) 青山出版社

Love

↑孤児の女の子を主人公にした絵本。「愛」の深さをつきつけられる絵本です。しかけ絵本のようなつくりなので、「女子」へのプレゼントにピッタリ。

『まってる』 デヴィッド・カリ(著) 小山薫堂(訳)  千倉書房

まってる。

↑みんなが携帯電話を持って、「待つ」ことを忘れてしまったような毎日。バタバタと日々を過ごすだけでなく、長い人生において「待つ」ことがどれだけ大切で、すばらしいことかを教えてくれる絵本です。元々フランスの絵本なので、オシャレ。小山薫堂さんの訳も話題になりました。

———-
子どもが大きくなったのでプレゼントはなし、という皆さんもちょっと本屋さんに寄ってみると、自分のメッセージを代弁してくれるような「贈りたい1冊」が見つかるかもしれません。

子どもだけでなく、ダンナさま、奥さまへのプレゼントにもお勧めです。

(文:尾原美保)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • 大人の絵本 クリスマス 絵本
カテゴリ一覧