ファミリーの1歩先には親子スタイル

あたりまえに大人になる

横浜の港北ニュータウンのど真ん中、わが家でも毎週買出しにいく大型ショッピングセンターの駐車場からの風景。高層マンションを囲んで点在する茅葺屋根は何?


道路を渡ると現れるのは、復元された弥生時代の竪穴式住居の環濠集落(堀に囲まれたムラ)です。
とても丁寧に復元されているので、本当に時間を超えて引き込まれそうです。

まさに「もののけ姫」のエミシのムラそのもの。「もののけ姫」の背景は中世ですが、庶民の住居は弥生あたりから中世まで、ほとんど変わらなかったそうなので、ムラのシーンの描写そのままです。
頭で想像しなくとも、アシタカがヤックルを駆ってきそうな「気配」を肌で感じます。

ところで、ジブリ作品のなかでも「もののけ姫」は難解といわれますが、親の立場であらためて見直すと、主人公の少年アシタカの精神的な成熟ぶりが不思議だったのです。今の感覚ではとても息子と同じハイティーンとは思えません。

「ヒイ様、なぜウチの息子はいつまでも甘ったれてんでしょうか・・・」

(ありゃ、ここは倉庫でした。)

振り返ると、もうひとつのムラの現実があります。
ムラを囲むのは、厳めしい堀と土塁と柵、そして墓地。

ここでは、血を血で洗う戦いもまた、日常だったことが、肌で感じられます。
ちょっと前までは、思春期を過ぎれば、誰もが生産や戦闘を担わなければ、生きていけなかった。つまり誰もが「あたりまえに大人になっていた」んですね。
アシタカも、若者としてごくあたりまえに考え行動しただけ、そんなことがなんとなく納得できたのでした。

現代は二十歳を過ぎれば誰でも大人。ルールはわかりやすいけれど、「ごくあたりまえに大人になる」ことがわかり難くなってしまったようです。まして親になってしまうと、つい目先の細かいことばかりが気に掛かる。

シンプルに「生きろ。」と言い切れたらどんなにかっこいいでしょう。

(せきね けんいち)

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 ご家族でのお買い物ついでに
■コメント 遺跡・旧跡も身近にあると生々しいのは、自分たちが子孫だと実感できるからかでしょうか。
けど駅前遺跡は珍しいかも?横浜市営地下鉄センター北駅すぐ。横浜市歴史博物館も隣接しています。
■参考 大塚・歳勝土遺跡公園(横浜市都筑区)
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧