ファミリーの1歩先には親子スタイル

タイクツな時間

オトナの立場になると、お正月の退屈ほどゼイタクでアリガタイものはないなあ、とつくづく思うようになりました。そもそも「退屈」なんぞは有閑階級の悩みですからね。

考えてみれば、ぼくが子どもの頃、お正月はとんでもなく退屈な時間だったと記憶しています。

しぶしぶオトナの宴席に顔を出し、お年玉をもらったところでお店は開いていない。遊ぼうにも親戚のちびっこ相手では大富豪とか人生ゲームとかエキサイティングなものはできず、しかたなく坊主めくりや福笑いや凧揚げにつきあう。(ブツブツいいながらも、それなりに熱くなったりするのですが・・・。)

さすがにお年頃になると、退屈に耐えられず、大晦日から抜け出すというパターンになりました。今思えば、携帯もコンビニもないのにどこをほっつき歩いていたのか不思議です。


我が家のお正月もここ数年は、孫連中が祖父母(ぼくらの父母ですね)の家に集まるパターンが続いています。

集合した子どもたちは、年末から三ケ日まで連日連夜のゲーム大会です。
最近のゲームは4,5人の対戦型なので、幼稚園児から高校生までが同じゲームをやっている。しかも、幼稚園児もかなり強くてまったくハンデというものがない。(ただしオトナの反射神経では惨敗必至です。)

息子を含めた中高生のいとこ連中も、いっこうに出かける気配はありません。そしてゲームの合間は携帯をいじり続けている。メールも普段と変わらずだらだらと続けているので、まったく「あけおめメール」ですらありません。

お年頃の中高生が幼稚園児とまったりゲームしつづけているお正月って、何なのでしょう?
今年あたりは、携帯の発信規制騒ぎもほとんどなかったみたいですし、紅白の視聴率も上がったとか。世間もますます家にこもってるようです。リオさんご報告のおウチデートも事情は同じみたいですね。

オトナにとっても目の届くところにいてくれれば好都合なので、肯定も否定もできないけれど、「なんか違うな」という感じは否めません。

ぼくは「書を捨てよ、町へ出よう」(寺山修二)の世代でもないのですが、思春期なんぞは、「刺激のない退屈こそが諸悪の根源だ」くらいの思いがあった気がします。ところが、子どもたちをみていると、ゲームと携帯さえあればヒマも退屈も存在しないかのように見えます。

買い与えたメディアの功罪はいろいろとありますが、オトナの都合と引き換えに、子どもから「退屈な時間」を奪ってるのかも、と思ったのでした。

(せきね けんいち)

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 このごろタイクツしていない人
■コメント それぞれスタンスは真逆ですが、ちょっと懐かしい本が文庫になってます。今の子どもにどこまで伝わるのかは悩ましいのですが。
■参考 モモ (岩波少年文庫)
書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧