ファミリーの1歩先には親子スタイル

たまには一緒に六本木

六本木は森美術館、サントリー美術館、国立新美術館と、素敵な美術館がかたまっていて、大好きなエリアです。中でも現代芸術のいい展示が多いのが森美術館。

今やっている「チャロー!インディア展」もイキのいい現代美術が見られます。急速に発展し、貧富の差は日本の比ではないインド。そして公用語の多さでもわかるとおり、多種多様な立場の人がそれぞれに考えを巡らせている国。

その「今」のインドがうみだす芸術が面白くないわけはないのでありました。想像よりはるかに刺激的な展示会で、「どこからこんな発想がでてくるのかなー」とびっくりしながらまわりました。


骨で作られたリクシャー。命を育む女の人の背中に赤く刻印されたカシミール地域の紛争地帯の形の写真。政治的な問題意識をもった人が、そうでない人を振り向かせようとする、その力とアイディアに打たれました。

世界の中にはいろんな人がいて、いろんな方法で自分の思いを他の人に伝えようとしている。実際に日本に暮らしているだけでは出てこない発想がここにはあります。美術館の係の人が展示室に座ってますよね。その椅子すらも、普通のものとはひと味もふた味も違い、一つ一つ見ていくのが楽しみでした。こんな美術展、今までなかった!!

OSG世代の子ども達には、いろんな価値観、いろんな問題、いろんな表現方法、にふれて欲しいと願っています。ビルが立ち並ぶ都心の風景をもとりこみながら、インドのことを考えられるこの展示は超オススメです。

現代美術というととっつきにくいと思われがちですが、見せ方も解説も上手でひきこまれます。行った際には、企業のご好意で無料となっている解説イヤホンをぜひ!インドの事件や、社会背景など聞かないとわかりませんからーー。わりと簡潔な説明なので、時間がかからずまわれたのもポイントが高かったです。

とても良かったので、3月15日の会期終了までにまた観に行きたい!と思っています。

(文:和田理恵)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • 森美術館 チャロー! インディア展
カテゴリ一覧