ファミリーの1歩先には親子スタイル

いつまでも錆びない体でいたい

息子は昨年の3月から硬式テニスを習い始めました。
夫も私も若い頃に少々やっていたので、タイ駐在時に時々家族でテニスをしていました。
タイでは手軽にコートを借りることができたので、幼い息子も一緒にコートに入り、小さいラケットを振って楽しんでいました。
帰国後、私はジャズダンスを習い始め、息子はサッカーや水泳をしていましたが、やはりテニスがしたいというので週に1回地域のスポーツ教室に通い始めました。


タイでの息子のテニスは自己流でしたが、最近はコーチの指導で上達してきました。
週に1~2回通っているジャズダンスのおかげで、私も年齢の割に体力はあるようです。
今のところ腕前は私が上ですが、息子は私に勝つのを目標にしていて、暇な時に小学校の校庭で打ち合います。コートやネットもないのですが、適当に広さを決めて前後左右に走りながら、ボールを追いかけます。
以前は手加減をしていたのですが、最近は息子も鋭いボールを返してくるので、油断できません。
誘われた時は「今日は寒いから30分ね。」などと言っていても、始めると楽しくなって「もう少し、やろうか。」とわたしの方から延長を申し出てしまいます。
休憩をとりながら、1~2時間ほど打ち合い、そのあとは二人でアイスクリームなどを食べながら、プレーを振り返ったりします。

娘とならば、おしゃべりやウィンドーショッピングなど女性同士の楽しみを共有できるようですが、息子はその類は苦手のようです。
この先、息子とは徐々に会話も少なくなるでしょう。そんな時に一緒に楽しめることの一つにスポーツも入れておきたいと思っています。
そのために私も日々体を鍛えて、錆びないようにしなくては!と思っています。

(by木村 有希)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧