ファミリーの1歩先には親子スタイル

若者をワーキングプアから救うにはどうすればいいのか

物事を考えるときには目に見える表層だけを見ても分からない。
今は残念ながら不調であるが、それでも日本を代表する製造業であるトヨタ自動車は「なぜ?」を最低3回繰り返せ。と、教えているそうだ。

例)目に見える現象
・工作機械のフューズが切れた

フューズというのは、なんらかの故障などにより機械に電気が流れすぎてしまった時、機械を保護するために入っている小さい部品である。
電気が流れすぎてしまう場合、著しく加熱したりして修理不能なほどのダメージを負ってしまったり、ことによっては発火・火災を引き起こす。
それを防ぐため、フューズを通って電気は機械の内部に供給されるように機械は作られている。フューズには所定の電力の量が決まっていて、その電力を超えて電気が流れると、フューズ自体が焼き切れるようになっていて機械を守る。
 
フューズが切れた場合、交換すれば機械を動かすことができることがほとんどである。余談ではあるが、自分が小学生の頃、よくカラーテレビを粗大ごみの日に拾ったものだが、映らなかった場合であってもフューズだけ換えてやったら3台に1台ぐらいは直ったものだ。

さて、工作機械のフューズの話に戻ろう。
フューズが切れた。
何も考えずに、フューズを交換するという方法もある。それでも何の問題もない可能性も高い。
しかし、ここで1回目の「なぜ」を発する。

「なぜフューズは切れたのか?」

調べてみると、どうやら機械の中のモーターが異常に電力を消費していることが判明した。異常に大きな電流が流れてフューズが切れたのだった。
ここまで考えるのはまあ普通である。
フューズが切れた場合、原因を調査しないでフューズだけ交換したら、取り替えたばかりのフューズがすぐに切れてしまうことが多く、場合によってはより大きな故障につながるので調査をするのが常識である。
モーターを交換すればいいのか?しかし、それをせずに2回目の「なぜ」を発してみる。

「なぜモーターが異常に電力を消費したのか?」

調査してみると原因は、モーターの動きを滑らかにするための油が切れていたのだった。このモーターには油が常に供給されるようになっている。油はタンクの中に入っていて、このタンクが空になっていたからであった。油が切れてしまったため、回転に余計にエネルギーを消費したわけである。
さて、ほとんどの場合であれば、これが根本原因だと思って油を補給して、モーターを取り替えて終わりにするであろう。
しかし、そこで最後になる3回目の「なぜ」がくる。

「なぜ、油がなくなったのか?」

点検簿を見たところ、所定のタイミングで油はちゃんと補充されているという記録が残っていた。
調査によって、油をモーターまで導いているホースに亀裂が入っていて、そこから油が漏れていたということが最終的に判明した。
 
フューズが切れた真の原因、それはホースの亀裂による油漏れであったのである。
 
このように、たかだか工作機械の故障の場合なのだが、なぜを3回繰り返すことで初めて真の原因にたどり着けた。フューズを交換する、油を補充するといった安直な解決方法をとらず、真の原因を追究したことが解決に導いたわけだ。

やっと本題。

若年層の直面している雇用の問題は実に深刻だ。
日本という国にはセーフティネットがなく、特に非正規労働者の若者が失業した場合には、失業保険の給付がなく生活保護という最後の最後の保障しかない。また生活保護という制度も実際に正しく運用されていない。
たとえば北九州市などでは、生活保護の申請に来た人に対して理由をつけ、申請書面を渡さないという方法で事実上の門前払いをしていた。
実際にケースワーカーが状況を把握しており、生活保護を支給しなければ申請者が餓死するであろうことを容易に予見できる状況だった。それにもかかわらず生活保護を支給せず、餓死させたという事件はさすがに問題になったのだが、日本の生活保護の運用はかくもお粗末である。
若年の非正規労働者にとっては、失業した場合生活保護が唯一生活の砦であるが、身体が健康で十分就労に耐えられるということで、申請は門前払いにされる可能性が高い。
その場合はどうなるか?ネットカフェ難民と呼ばれる浮浪者への道しかこの国には残されていないというのが現状だ。

さて、現在の対策であるが、失業した非正規労働者に一時的な住居を確保する、生活保護の申請の手伝いをするとかそのようなことがおこなわれている。これ自体は必要なことで否定する気はない。しかし、それはまったく真の解決ではない。
機械の例でいえば、なぜを一度も発することなく、フューズを交換して当座をしのいでいるという対策に相当する。
 
「なぜ、失業してしまったのか?」

を、考える必要がある。それは機械の場合と違って様々な原因が考えられる。

1)派遣という、人の雇用に直接責任を負わせない制度があるから。
2)景気の悪化により各企業は利益を確保するために、人件費を削減しないとならないから。
3)ものが売れないために労働力が余剰になっているから。

といったようなことが考えられる。
今の政府の対策は、この3つにだけ向けられていると言ってよい。1)の対策としては、製造業への派遣を禁止することを検討する。2)・3)の対策としては景気を回復するために、減税、給付金、金利の引き下げ、円安への誘導のための市場介入。

しかし、国民はこの対策に対して不安感を持っているのは報道の伝えるところ。それは対策が表層にしか過ぎないからだ。言い換えれば、「なぜ?」への追求が足りないのだ。
全部について論考すると、いくら書いても足りなくなってしまうので1)に的を絞って考えてみよう。

「なぜ、派遣という制度が必要なのか?」

この問いへの答えなくして、派遣という制度をなくしてしまうと、更なる景気の悪化に突き進む危険がある。必要だったから派遣という制度はあったわけだ。
もともと派遣は、特別な技能を持つ職種にしか認められていなかった。それをほぼすべての職種に拡張した理由は二つある。

①人件費を安く抑えたいから。
②売り上げが多いときにあわせて人を雇っておくと、売り上げが減ったときに人が余って経営が苦しくなるから。

さて、今度は問題の核心に迫ってきたので、①・②の両方について考えてみたい。

①「なぜ、人件費を安く抑えたいのだろう?」

そんなの当たり前じゃないか!企業っていうものは利潤を追求するものなのだから!
って、いう言葉が聞こえてきそうだ。ごもっともである。それも答えの一つ。
でもそれだけが答えではない。

Ⅰ:人件費は少ないほうが企業にもたらされる利潤が多いから。
Ⅱ:日本人の人件費は発展途上国に比べて相対的に高く、普通に賃金を支払うと製品が高コストになってしまい、国際的な価格競争に敗れて企業として存続できなくなるから。

Ⅰ:についてだが、人件費を少なくするとなぜ利潤が多くなるのか?という問いにはまったく意味がないので、

「なぜ企業は利潤を求めなければならないのか?」

という問いに少しひねってみよう。
当たり前だ!という声が聞こえてきそうだが、これは当たり前ではない。企業が存続すること・成長することと、利潤を生み出すことは実はまったくイコールではない。
企業は黒字になると税金を払わなければならない。あえて黒字にしないで赤字にすれば「基本的には」税金は払わないでもいいのだ。なので、企業の成長に必要なものを借金して買い続けて赤字にしておければ、利潤はないけど企業は成長していける、非常に効率がいい。
それにもかかわらず、なぜ企業は利潤を生み出そうとするのか?

ⅰ:株主が利潤を求めるようになったから。
会社が利潤を生むことによって株主は配当という形で利潤を受け取る。それを求めるということ。
意外に思われるかもしれないが、今から10年ぐらい前までは日本の会社の株主は配当というものを求めてこなかった。それは企業双方が株式を持ち合っていたからである。A社とB社という二つの会社があったとして、A社の株はB社が100%保有している。B社の株はA社が100%保有していたとする。この場合において配当を出すことにまったく意味がない。
こんな極端なことは上場基準の問題などもあり、実際はできないのだが、日本の上場会社は伝統的に安定した企業同士で株を保有しあって、企業買収から会社を守ってきた。
ところが、日本の金融市場の閉鎖性をアメリカから非難されたことなどの影響や、バブルの崩壊による資金調達の必要により、株式の相互持合いは相当解消された。それに伴い、利潤を生む存在として株を保有する株主が増え、配当をおこなわなくてはならなくなったのである。
このような株主は短期的な利益を重視し、長期的なビジョン、たとえば人材育成にコストをかけるというようなことに理解を示しにくい。
会社は誰のもの?という問いに対して以前は、「社員みんなのもの」という意識が(悪く言えば村的社会とも言えるが)あった。この意識は破壊され、会社は株主のものというアメリカ的な価値観が支配するようになった。

ⅱ:外形標準課税制度が導入されたから
以前は、赤字企業にはまったく課税されないという制度であったが、この制度の導入により、企業は自らのおこなっている経済活動の規模に応じて納税しなくてはならなくなった。
赤字にすれば、納税しないで済む時代は終わったのである。

さてこのレベルにまで深掘りして、初めて対策が考えられるようになる。
株主配当を考えないで済む経営を推し進める。
バブル前のように株式の相互持合いを政府が推奨するのだ。株式持合いはもともと日本政府が推し進めた国策である。またその路線を復活するのである。
外形標準課税制度を廃止する。税収は減るかもしれないが、企業の需要はもっと増えると考えられるので、結果国家経済全体が押し上げられ、税収は減らないかもしれないし、逆に増えるかもしれない。


次に、②の売り上げが多いときにあわせて人を雇っておくと、売り上げが減ったときに人が余って経営が苦しくなるから。

これに対してはどう考えるか。
いくつか対策は考えられる。需要にあわせて雇用したり解雇したりされるのは、今は若年労働者が多いのが問題なのである。若年労働者は給与に生活の基盤があるため、解雇イコール困窮という構図になる。
ならば、もともと他に生活の基盤がある人が、調整可能な労働力になればいいという方法も考えられる。例えば、年金をもらえる年齢に達した高齢者。
高齢者人材バンクのようなシステムを作るという方法は面白いと思う。高齢者は若年者と比べて、新しい仕事への適応性に関しては懸念があるかもしれないが、今までに培ってきた経験がある。持っているスキルに近い仕事を、都度割り振れば大きな力を発揮する可能性がある。
これにより若年非正規労働者のワーキングプア問題と、年金問題を同時に解決できる可能性がある。

最後にⅡ:である、日本の人件費が高いから。について考察したい。
昔は人件費が相対的に安かった。それは二つの理由による。
一つ目は国民の生活レベルが低く、全般的に所得が低かった。
では国民の生活レベルを引き下げれば問題は解決するのか?これは難しい問題で、生活レベルを引き下げると、海外競争力は復活するが、購買力が低下し国内需要は減少する。これを政策として推し進めると、昭和30年代のような世界、具体的には映画にもなった「三丁目の夕日」のような世界が出現するかもしれない。失業者とかはほとんどいなくて、景気は悪くはないけど、みんな貧しくささやかに暮らすという日本。
そんな清貧の思想の固まりみたいな社会を目指すというのも、エコだし一つの選択肢かもしれない。

二つ目であるが、昔は人口の構成が若い人の方が多いというピラミッド構造になっていた。年功序列という制度によって若年者は安い賃金で使うことができ、かつ若い人が多かったので、給与の平均レベルが低かったのだ。
今、年功序列という制度が崩壊してしまったのは、若年者の人口が少なくなったため。
年功序列という制度は、崩壊してしまったと言われているが、実際は崩壊していない。年功序列の制度のもと管理職になった世代の人は、その処遇のままほとんど据え置かれている。若年者だけが給与が上がらず、わりを食ったような状況になっていて、全体の給与の平均は高止まりしたままだ。
ならば、どうするか?
年功序列でうまくいっていた頃の、日本の人口の構成に戻すという対策が一つ考えられる。公共事業などではなく、少子化対策にこそ多くの国の資金、人材を投入するのである。

自分も人の親だからよく分かるのだが、今の日本において子供を育てるのは非常に大変だ。
いざというときに預かってくれる人も施設もない。
核家族化によって夫婦だけで子育をしなくてはならないが、夫は長時間の残業などにより子育ての実務を担えない。
また、子供が多くなると養育費がかかり、相対的に一人当たりに教育のコストをかけられなくなる。
日本の住宅事情として、大体の家族向けの家は3LDK、または4LDKである。個室を与えたくなるのが親心であるが、そうすると必然的に子供は1・2人。
3LDKの一般的な住居を想定すると、1つの居室はLDKに隣接するか、あるいは接近しているパブリックスペース的な位置にある。すると実際にプライベートスペースは2部屋しか取れない。生活が洋風化したことにより夫婦の寝室がベッドルームになってしまうことが多いので、あと1部屋しかない計算になる。すると子供は1人までとなる。4LDKでも2人までだ。

少子化対策としてはこれらを逆に考える必要がある。というか逆に考えればもう答えは出ている。

・いざというときに預かってくれる設備、人を用意する。
・子育てに地域の力を導入する。老人ホームなどと連携するなどは面白いと思う。
・住宅のトレンドを変える。一部屋パブリックスペースに隣接する部屋を、夫婦の寝室にするような造りにすれば、もう1人分個室を作れる。子供部屋は4畳半あれば最低限用を満たすので、LDKはそれなりに広いがそれ以外は、小さく区切って部屋数を多くした住居を国策で提供する。
雇用促進事業団等が3人以上子供のいる家庭にだけ、優遇措置でこのような住居に優先的に入居できるような住宅を供給したらいいかも知れない。
税負担の不公平って言われるかもしれないが、子供は国力の源泉、先行投資である。

長々と書いてきたが、私はあくまでも経済や政治に関しては素人である。
あくまで個人の思いつきにしか過ぎない。しかしながら、現在の政府の雇用対策を見ていると、素人目からしてもあまりにも表層しか見ていないのではないか?と考える次第である。

(文責:田村義隆)

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 政策を立案される方、問題解決のための発想のヒントの欲しい方
■コメント 政策について書いていますが、実は根本を解決しようという発想は日常生活においても役立つと思います
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • ワーキングプア 税金 若者の貧困 年金対策 労働問題 政治 経済 雇用 発想方法
カテゴリ一覧