ファミリーの1歩先には親子スタイル

高校受験を目前にして

2月になり、受験とインフルエンザのシーズン真っ盛りですね。
我が家には今年受験生が一名おります。
学校は出来る限り公立、少なくとも義務教育は公立で、という我が家のポリシーなので、うちの子供たちにとっては、高校受験がはじめての入試になります。

公立中学の問題点は挙げればきりがありませんし、本当にいったいどうなっているの?と腹の立つことも山ほどあり、不公平極まりないこともいっぱいあります。
でも社会に出れば、そんなこともっとたくさんあるのです。
実際に息子は先生にありえないいじめを受けました。
それらに一つ一つ立ち向かったり、受け流したりする術を身につけながら、何とかここまで来ました。


本命の試験には面接があり、「自己PRは?」「自分の長所」「志願理由」「将来の夢、進路の希望」などの想定質問に準備をしては、私相手に練習する様子を見ていると、これはお受験ではなくて、息子の受験であることがよくわかります。
少なくともうちの子にとっては、自分のこととして学校を選んだり進路を考えるのは15歳でやっとだと思います。

私立が向いているお子さんももちろんおられることとは思いますが、どの子供も子供時代には子供時代にしか出来ない経験を積んだ上で、きっちり教育を受けられて、15歳の春自分で選んだ進路に一歩踏み出していく、それが当たり前に出来るように、公立中学が避けられるのではなく選ばれるように公教育が改善、充実しないといけないと思うのです。

さて、わが子、あと少し、がんばれ~。
母として出来ることは体調管理くらいですね。

(by武田りこ)

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 公立中学を選ぶ人、選ばない人
■コメント 我が家はあえて公立を選びました。
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧