ファミリーの1歩先には親子スタイル

「お茶やランチの誘い」のはずが・・・

同じような物事に興味を持つ人と情報交換したい、情報共有したい、というのは、OSG、子育て世代のみならず、ごくごくふつうの欲求やと思うんですけど、みなさんどないですか?たまたまあるイベントで一緒やった、保育園や学校の保護者会などで居合わせた方々から「ちょっとお茶でもしません?」「ランチ一緒にどうですか?」と言われて悪い気はしないものですよね?

でも、ときどきこれでイヤな目に遭うんですわ・・・。


たまたまあるイベントで隣り合わせた方と、ちょっとお茶でも・・・と入った先はとあるファミレス。てっきり二人でイベントの感想など話しながら・・・と思ってたら、私らも一緒に・・・と先方のお連れさんが一人、二人と増えていく。あれれ?と思うが早いか、さあ始まった、宗教の勧誘大作戦。あっ、念のため、別に宗教が悪いといっているわけではあらしまへん。でも、その強引な勧誘方法は、どう考えてもおかしいんですわ。脅迫や拉致・監禁もどきは半端やない。「結構です!」「うちは無宗教なので」「○○教の信者なので」と言って断ろうとしたら、「たたりがあるぞ」「そんなあなたにはきっと不幸が訪れるぞ」といった脅し文句を並べること並べること。その場を立ち去ろうとしたら、通せんぼをする、そこから出してもらえない、なんてのもあり。「警察に通報する!」と言うたら、「私たちは何も悪いことはしていない、あなたのためを思ってしているのに」と開き直る。それでも強行突破しようとしたら「せめてこの本だけでもお読みになって・・・」とその手の本を渡そうとする。

実は、私自身、この手の経験まだ一回のみ、そやけどこの後数日イヤな気持ちが続いてしまいました(これで不幸になったらまさに先方の思うツボですわなぁ)。でもって、信頼できる友人に話すと、私も、私も・・・なんて、みんな似たり寄ったりの経験があるようです。子供の学校の緊急連絡名簿を見て、電話での勧誘・呼び出しなんかも常套手段らしく、むやみに断れないような口実を作られてしまうところがどうにも始末が悪いそうな・・・。

ほな、いったいどうしたらええの?「みなさん、気をつけましょうね」といっても、何をどう気をつけていいのか難しいところやし。まあ、世の中にはこういう人たちもいるのだと思っておくだけで、少しは予防効果、抑止効果があるのかなぁ?また、万が一そんな目に遭ったら、とにかく毅然とした態度をとるのが一番やろうか?そして、こういう手口には気をつけようねって情報共有していくのがいいのかな。私ならこうやる!というご意見・ご感想等ありましたら是非コメントにてお寄せくださいね。
(文:小林千早都)

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 見知らぬ人からのお誘いを受けるとき、また、そんな場面に出くわす可能性のある方に
■コメント 世の中にはいい誘いも悪い誘いもある。一律に危ないからやめましょう、ではなく、しっかりフィルターしていきたいものですね。
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • 誘い 勧誘 情報共有 情報交換
カテゴリ一覧