ファミリーの1歩先には親子スタイル

「元気ならば学校へ行く」

OSGでいうと「超予備軍!」の我が家。
上の子が今春小学生です。

あまり教育熱心でないので(汗)、「教育方針」はまだないのですが、
子どもが小学校に入るにあたって我が家で(私と夫の間で)決めた「基本方針」はあります。

それは「病気、ケガなど体の不調以外の理由で学校を休ませない」です。
これは、「(冠婚葬祭などは除いた)旅行、外出を理由に学校を休ませることはしない」ということ
でもあります。

最近、「子どもに学校を休ませて旅行などに行く」という話をよく聞きます。

これは、私の子ども時代にはまずなかったことでした。
時代の他、地域性や環境(国立、公立、私立)などいろいろあるでしょうが、いつからこういうのがアリになったのでしょうね。

振り返ってみると、私が社会人になったばかりのころ(10ン年前です)に、上司(当時で40代)がそれを実行していました。

「学校が休みの時期は高いから」という理由で、子どもには小学校を休ませて海外旅行に行ったりしていました。

学校には公には言っていないようでした。「所用」とかそんな感じだったみたいです。

当時は、まだ公に言うのには、はばかられるような感じだったのかな。
子どもにも「学校を休んで旅行に行ったということは、友達には言わないように」などと口止めしていたようでした。

でも、今は学校側が認めている場合もあるそうですね。
親がそこにしか休みが取れないとか、事情のある場合もあるでしょうし、家族で旅行でするのはいいことだ、子どもにいろいろな経験をさせるのはいいことだという風潮もあるからでしょうね。

でも、我が家はこれはしません。なぜかというと「学校は体の不調以外の理由で休むものではない」と私たち(両親)が考えているからです。

ん?ちょっと逆説的??

前に親子スタイルでこのような記事がありましたが、

基本的にはここに通じます。

我が家では「元気であれば学校に行く」というのは「理屈抜きに守られるべきこと」なのです。

この辺りは親の考え方だと思うので、いろいろなご家庭があるでしょう。

我が家がそう決めたというだけです。

さて「基本方針」が決まったので、次は教育方針を決めようかな(笑)。

(文:尾原美保)

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 小学生
■コメント 皆さんのおうちの基本方針はどんなものですか?
■参考 特になし
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧