ファミリーの1歩先には親子スタイル

娘とビジネスを学ぶ その6「比較と分析」

このテーマは今後社会人となっていく大学生の娘と一緒に、ビジネス感覚を改めて身につけて行きたい母のひとつの取り組みです。

その1「経済ニュース」
我が家の23時がバラエティからビジネスニュースに変わりました。
その2「人脈力」
「人脈力」がビジネススキルの大切な要素ということを知りました。
その3「成功のコンセプト」
楽天の三木谷社長のビジネスの5つのコンセプトから学びました。
その4「起業塾に行く」
起業塾で学ぶことで事業を立ち上げることの概要を学びました。
その5「サービスとは」
サービスを受ける側、提供する側の立場で考えてみました。


そして今回のテーマは「比較と分析」

娘が就活を進める過程で、やはり後半の面接になるとより難易度の高い質問にも答えられる準備が必要になってきます。そこで欠かせないのが「サービスの比較と分析」です。

たとえば何かひとつものを買うときも、多くの人はいくつかの候補をあげて比較検討すると思います。その比較のための情報収集が今はネットを通じて容易にできるようになりました。
その代表的なサービスが価格.comなどの比較サイトです。

娘には就活の面接準備において、そういったリサーチが重要だということを話しています。
その会社の事業内容を競合他社と比較して、強みと弱みを把握しておくのです。
もちろん自分自身がそのサービスなり商品を使い込んでみて比較し分析して結果を出すというのが一番確かではあるのですが、なかなかそこまでやるにはお金も時間もエネルギーもかかります。それであれば、既にそういった情報を持っている人の意見を聞くというのがやはり効率よく情報を集められる手段だと思います。口コミマーケティングの有効利用です。

たとえばオークションをやりたいと思ったときに、まず思い浮かべるのはYahooオークション楽天オークションビッダーズオークションなどでしょう。
とりあえずどれかをやってみて感覚を掴むのもアリだとは思いますが、その前にこのような口コミサイトで比較してみるのもよいと思います。

何か新しいことをやろうとするきには「○○ 比較」などで検索するとわりと簡単に情報収集が可能です。
ちょっとしたことでも知っているか知らないかで差がつくことは実はたくさんあるんですよね。
もちろんユーザー側の損得の話もありますが、大事なことはその「過程」にあると考えています。

何かを調べたり比較検討したりするということはちょっと面倒なことです。でもこういった習慣はできるだけつけておいたほうがいい、なおかつ情報を短時間で集約できる術を持つということはビジネスにおいて必要なスキルだと思います。

就活の中でも、学生のそういったスキルは見られていると思います。
でも実際娘から話を聞いていると、案外そういったことをまったくしないで就活に望んでいる学生も多いようなのです。たぶん、受ける会社のサイトくらいは見てくると思いますが、そのサービスを仮にでも使ってみたり、ほかのサービスと比較して自分なりの分析をしてくる学生は多くはないようです。自分の人生のスタートを決める就活という大事な場面で、その会社なりサービスなりの情報収集をしないということはある意味「怠慢」なのではないかとさえ思います。

「比較と分析」を行うと何よりも語れる言葉が多くなります。リサーチに裏打ちされた自信で面接の苦手意識も克服できるのではないでしょうか。
相手側からしても自分のところのサービスをよく研究してくる学生を悪く思うはずがありません。
ちょっとした努力でできることなので、これから就活する方にはぜひお勧めしたいことです。

私自身もできるだけ関連業種のいろいろなサービスを知り「比較と分析」した上で、自分のビジネスに活用していく努力をもっとすべきだと改めて思いました。
そうすることがお客様への提案の幅を広げることにつながります。
娘の就活にアドバイスするつもりが結果的に自分自身のビジネスを見直すことになっていることはとても多いです。

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 就活している(これからする)学生とその親
■コメント 比較と分析を行ってから就活(面接)に望むことは有効です。時間がないときでもちょっと比較サイトでリサーチしていきましょう。
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • 就活 ビジネス
カテゴリ一覧