ファミリーの1歩先には親子スタイル

たまには親子でジャズってどう?

子連れでコンサートやライブというと、普通はモーツァルトに代表されるクラシックやお友達の楽器の演奏会なんかをイメージしますわなぁ。でもうちの場合は子供がお腹に居るころからあるインディーズのロックバンドの音を聞かせ、そのライブデビューが2歳。彼らがメジャーになったころから興味が薄れてしもたんですが、今度はサックス奏者の堤智恵子さんと親しくなった関係でジャズに目覚めてきましてん。もちろん、親が連れて行かなければ、そして、家でもCDなどで聞かせなければそんなことはありえへんのでしょうが・・・icon:face_embarrassed


tutumi2.JPGtutumi1.JPGジャズっちゅうと、夜遅うに、お酒の入ったグラス片手に、煙草をくゆらしながら、もうもうとした中で渋い演奏を聴く、というスタイルをイメージしがち。でも、ジャズにはこんな明るさと即興演奏というライブならではの面白さがある、と教えてくれはったんがこの堤智恵子さん。かなり高度なテクニックの連続もあっさりこなす技量、そして、何よりも突き抜けるサックスの音がええんですわ。
セブンイレブンのBGMにもたまに彼女の演奏が。自作の曲も明るくて元気なもんが多く、親しみやすい人柄とあいまって、親子ともどもすっかりはまってしもたんですわ。

ライブ前、時には、ドラムやピアノ、ベースのメンバとの打ち合わせの様子をとなりで見聞きしたり、楽譜をちらと見せてもろたり。同じ曲でも、演奏するメンバの組み合わせその時々の状況でアレンジを変えたり思わぬ即興が入ったり。同じ演奏など二度とない!ってことがわかると、これまた面白さが倍増しますわ。

演奏時間も、最近は、休日の昼間や夜でも早い目の時間にセットされていたりして、子供やからアカンってこともなさそう。飲み物も、もちろんソフトドリンクはありますし、何より新しいファンが増えることは演奏者にとってうれしいことらしく、お子様歓迎のミュージシャンも結構いらっしゃる様子。もちろんここで紹介した堤さんもお子様大歓迎。ポニョに似ているという彼女の生演奏は初心者にもグーです♪
(文:小林千早都)

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 小学生~大人まで 音楽が好きな人、クラシックに飽きた方にもお勧め
■コメント ジャズは特に生の楽しさを存分に味わえるいいチャンス!
■参考 「ジャズサックス奏者・堤智恵子さんのホームページ」

「ライブの模様(一部)堤智恵子さん」
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • ジャズ ロック コンサート ライブ
カテゴリ一覧