ファミリーの1歩先には親子スタイル

ティーンエイジャーと行く香港

hongkong1.jpg
長男の高校受験日翌日から、発表までの間は高校も休み、つまり娘もお休み。
これを逃す手はない、ということで私の両親とともに、急遽香港旅行に行きました。
香港は父の仕事の関係の深いところなので、案内は父にお任せ。
きっと娘は買い物息子は中華料理三昧を楽しんでくれるだろうという目論見です。

香港は関空から3時間半ほどで、空港から街中までのアクセスも抜群です。
買い物も高級ブランドから、カジュアル衣料、安いお買い得品、中国茶などの特産品などなどごちゃ混ぜで何でもあるのが魅力です。

さて行ってみて、意外や意外長男が一番喜んだのは、


ショッピングでした。
いつもは、ママと一緒にお買い物をしている姿を同級生に絶対に見られてはいけないので、必要なものを買いに行くのもなかなか付き合ってくれないお年頃ですが、さすがに香港では同級生に会う心配もなく、思う存分買い物を楽しみました。
女人街という露店が果てしなく続く通りで、気に入ったものを見つけては私に相談して、二人で値切り交渉をする、という行為が楽しかったようです。
私も息子とこんなに楽しくショッピングをしたのはおそらく初めてで、2夜連続女人街に通ってしまいました。

娘もショッピングを楽しんだのは言うまでもありません。
値切り交渉は子供たち結構社会勉強になったようで、商品の原価だとか、売り手の意図だとかをだんだん考えられるようになったように思います。
何よりここではエネルギーが溢れていて、今の日本との違いなども感じてくれたのではないかと思います。

hongkong4.jpg

香港でのもう1つのお楽しみは食事。
勿論毎食、飲茶やら中華料理やらでお腹はパンパンですが、大量のお茶と一緒に食事をするせでしょうか、皆全く体重の増加なく帰ってきました。
太ることをとっても気にするお年頃の娘も、食べまくっていましたが、むしろ少しスリムになったそう。

hongkong3.jpg
高級ブランドショップガ並ぶ、ペニンシュラホテルは、見学のみ。

hongkong2.jpg

香港からは船で1時間でマカオにもいけます。
マカオはカジノで有名ですが、これは未成年は立ち入り禁止。
なんとタワーの外を歩いたり、タワーの上からバンジージャンプが出来るマカオタワー(娘はとってもやりたかったのですが、私の父がやめるように懇願しました。)、などを見て回っても一日で充分です。

香港は交通も発達していて、地下鉄とタクシー、バスを組み合わせれば、比較的安全に移動できます。ただ本当にごちゃごちゃしているので、小さいお子さんを連れて行かれる方は、ちょっと大変ですね。

急に思い立って行った旅行でしたが、意外と、中高生の子供たちに好評で、二人とも「また連れてって。」といっています。
私は私で、息子とは久々に恋人気分、娘とは親友気分で、大満足でした。

(by武田りこ)
親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 中高生との比較的近場の海外旅行を考えている方
■コメント 子供も中高生くらいになると、友達と旅行に行くより気楽で私自身もとっても楽しめました。
■参考 香港観光ナビ
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧