ファミリーの1歩先には親子スタイル

スポーツで仲直り(!?)ムスメと父親

娘の父離れは早かった。

幼稚園の父親参観のときに、ブスっとしてほとんど口をきかず、父親を閉口させていたっけ。


中学生になった今は、どこの家庭でも多分そうであるように、ますます父親を煙たがるように・・。
何が原因かといえば、TVのチャンネル権を奪われてしまうとか、煙草を吸うから、とかごくごく他愛のないことなのだけれど。
リビングに父親がいると2階の自分の部屋にこもってしまうこともしょっちゅうだった。

そんな娘の所属するソフトボール部で、先日「親子ソフト」が開催されることになった。

案内をみた私「これは、お父さん大はりきりだよ~、きっと」
娘「やだ やだ~!絶対きてほしくない!」

大はりきりだと思っていた父親も、
「あいつは俺がいくと嫌がるからな~」と思いのほか引き気味。
(以前、娘の練習を観にいったときに、散々文句を言われたことがあったのです)

なんだかんだいいながらも、結局「親子ソフト」に参加することになりました。
参加が決まってからも、
「お父さん、絶対野球の格好(地域のソフトボールに参加しているので、そのユニフォームのこと)してこないでね!」などと釘を刺されっぱなし。

そして当日。

「野球の格好」こそしていないが、ロサンゼルス・エンゼルスの野球帽をかぶってきた父親を見た娘「なんで赤い帽子かぶってんの~!?(信じられない~~!!)」と、相変わらずの調子。

さて、プレイボール。
中学生対お父さんチームの試合開始です。

タイムリーヒットを放ったり、守備でもいいところを見せた父親でした。

夕方、帰宅してから、直接感想は言わなかったのですが、あとで私にぼそっとひとこと「お父さんがあんなに上手いとは思わなかった」と娘。

直接言うのは照れくさかったのでしょうか。
娘のいる前で、私から父親ににそのことを伝えました。。

それから、しばらく2人でソフトボール談義が繰り広げられたのです。

思春期の娘と、父親が和気あいあい!

スポーツっていいな、こり固まっている気持ちもほぐしてくれるんだな、と思った一夜でした。

(文:山口るみか)

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 思春期の娘と父親
■コメント 難しい年頃の女の子。ひょんなことで心がほぐれるものですね。
■参考
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧