ファミリーの1歩先には親子スタイル

字のきれいな人って、素敵だと思いませんか

あなたは、ご自分の字に自信はありますか?

近頃は手書きで文章を書く機会が減ってきたと思います。

私が就職活動していた頃は、履歴書は手書きでした。
これは本当に大変で、あと少しで書き上がると思うと字を間違えてしまい、最初から書き直しになって泣きたい気分になったものでした。
それが今では、パソコンですよね。
同じことを何枚もの紙に書いていく時間と労力が節約できます。


就職後も当時は、年賀状の宛名書きは手書きが良しとされていました。
ワープロが普及し始めて、会議の資料や報告書などにはパソコンやワープロを使っていましたが、礼状などは手書きが良しとされていました。
自分の字に自信がなかった私は、賀状の宛名書きの仕事がとても嫌で、その頃になるとペン習字を習っておけばよかったと思ったものです。
今では、宛名書きも手書きでなくても失礼に当たらなくなったようですね。

そういう訳で、どんどん字を書かないですむようになりましたが、それでもお祝い事やお悔やみ事に参列した時などに自分の名前や住所を書くことはありますね。
他にもちょっとしたお礼状などはやはり手書きです。
印刷された字を見慣れている今、きれいな手書きというのはとてもインパクトがあると思いませんか?
流れるような達筆でなくても、くせのない丁寧な字で書かれたものを受け取ると気持ちのいいものです。

そういう字が書けるようになりたいと思う方にお勧めの本があります。
「また使える えんぴつ書き練習帳」です。

2009_0409_130742-DSCF0176.JPG

2009_0409_130728-DSCF0175.JPG

この本は、ひらがな、カタカナの練習帳なのですが、後半部分は簡単なあいさつ文や漢字の書き方が載っています。
それに加えて苗字や住所のお手本が載っているので、自分の名前や住所だけでも練習することができます。
通信教育とは違い、子供のドリルみたいなものなので気軽に始めることができてお勧めです。

この著者は、大平恵理さんという方です。
この方は、全国硬筆コンクール審査委員で日本書写能力検定委員会副会長をしている方です。
硬筆というのはえんぴつのことです。
書道教室というのは今でもみかけますが、硬筆教室はあまり見かけませんね。
でも、ちゃんと書道のように段や級もあります。
そのうえ、これでAO入試もできるそうです。
詳しいことを知りたい方は日本書写能力検定委員会をご覧ください。

段や級など必要ないという方も、時間が空いた時に字の練習はいかがですか?
書道と違って硬筆(えんぴつ)は、あれこれ道具をそろえる必要もなく、時間のあいた時にこの本とえんぴつがあればすぐにできます。
お手本を見ながら丁寧に文字を書いていると、思いのほか気持ちが落ち着いてストレス解消にもなります。
そして、自分の名前が上手に書けるようになったら、うれしいですよね。

(by 木村有希)

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 自分の字に自信のない方
■コメント 「字は心を映す鏡」とも言われています。たまには、ゆったりした気持ちで字をを書いてみては?また、字に自信がある人はAO入試も狙えます。
■参考
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧