ファミリーの1歩先には親子スタイル

コドモの爪を切ってあげられる時期

akachannote.jpg「とーちゃんさ、
○○の爪切るの、楽しみだったのにな……」

GWのある日の朝、
6歳の娘が、
自分で爪を切れるようになったのが嬉しくて、
得意げにしていたときのこと。
「○○、上手に切れてるね~」と私が褒めていると、
横でダンナが、
寂しそうにこうつぶやいていました。


==============================

最初にコドモが生まれたとき、
赤ちゃんの爪がとてもとても柔らかくて、
指も小さいし、
動くし、
というわけで、
赤ちゃんの爪を切るのがこわかった私。

以来3人のコドモたちの爪を切るのはダンナが担当。
週末になると、
いつもみんなで、
「ハ~イ、爪切るよ~」とワイワイやっていました。
それが、、、、、、。

最近長女が自分で切れるようになったため、
本人は嬉しいものの、
とーちゃん(父親)はとても寂しそう……。

==============================

そうだよな、、、
いつまでも爪を切らせてはくれないんだよな……。

これから、
こういうコトが徐々に1つ1つ出てくるんだな、、、、、、
と2人でちょっとしみじみ。
やらせてくれるうちって、
きっと本当に短いんだろうな。

こういう時期を、
毎日大切に過ごしていきたいな
と思った出来事でした。
by大隈さと子

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • 親子関係、こどもにしてあげられる時期、爪を切る
カテゴリ一覧