ファミリーの1歩先には親子スタイル

今、体育教育について考える

教育の3つの柱は、「知育」「徳育」「体育」である。
最近は食育という言葉も使われているが、これはあくまでも上記の3つと同じぐらい、食べるということ自体が重要だという比喩である。

知育は学校でおこなわれていることの大半を占めており、また受験は学力によって合否が決まるため最も重要視されている。
また、徳育というものも折に触れて話題になる。道徳教育を見直そうとか、はたまた教育勅語を復活させよう(!)とか話題には事欠かない。
だが、体育が話題になるということは非常に少ない。言い換えれば、おろそかにされているといってもいい。
ところが実際には生きていくうえで最も頼りになるのは体の力。言い換えれば体力(ほとんど言い換えてないな・・・)。
「体だけが資本だから」という言葉もよく聞かれる。裸一貫になっても、頑健な体があればやり直しが利く。そのためには、食もさることながら運動が欠かせない。
必要なときに必要なだけパワーを発揮することができ、望む通りのしなやかな動きができ、かつ疲労しにくい体になること、それが真の体力である。

様々なところで、自らが望むように体を動かすことができることは、行動の自由を大きく広げる。
体力がない身体というのは、鉄球を体につないで動いているようなものだ。普段はそれを意識しなくても、行動することを億劫にする。体力の有無は精神のありようまで左右する。

そのように重要な体力づくりであるが、学校教育の場において体育教育は実にお寒い限りだと思うのだ。

1.競技力を高めるということにのみ重点が置かれており、健康な体を作るという視点が軽視されている。

競技力を高めることを否定するつもりは毛頭ないのだが、スポーツを生業とする人はごく一握りである。スポーツは大多数の人にとってはレクリエーションである。そのレクリエーションのために偏った体を作ったり、壊したりする。
高校球児が肩を痛めてしまい、正常には戻らなくなってしまったというような話もよく聞く。本末転倒以外の何物でもない。

2.根性論に偏っている。

根性を養うというところに、重点を置いている指導者が多い。
巨人の星に代表される梶原一騎のマンガは私は大好きだが、悪影響はいまだに大きいと思っている。

3.方法が根本的に間違っている。

運動にとって大切な原則はいくつかある。
その中でも非常に重要な原則がまったく理解されていない。

  • 個別性の原則

トレーニングの内容は各個人の状況に応じて変えなければならない。
学校の体育教育現場においては全員一律に同じ回数の筋肉トレーニングを課すことがほとんどだ。
これではもともと体力のある生徒には負荷が軽すぎて体力向上につながらない。
また、体力のない生徒はこれをこなせないので、腕立て伏せなどをさせるとお尻を突き出したり、腕をほとんど曲げないというポーズをとるようになる。これでは筋力はつかない。

一人ひとりの体力に応じたメニューを作成する必要がある。最適なメニューを組むことで、運動の効果は数倍にも高まる。

  • 体力がつく原理を理解していない

筋肉は限界に近いほど酷使すると破壊される。破壊された筋肉は修復される。修復が終わると、以前より強く作り直されるので破壊前より若干筋力は向上する。しかし、しばらくすると元の状態に戻る。
元の状態に戻る前に、また筋肉を酷使してまた破壊してやるということを繰り返すことで、筋力は向上する。
この原理を理解していないために、毎日筋肉トレーニングを課すことが多い。
毎日筋肉トレーニングをおこなうと、筋肉が回復する前にまた破壊されてしまうので、まったく筋力がつかない。場合によってはやればやるほど筋力が低下するという現象が起きる。結果として競技力も高まらないわけだ。

  • 柔軟運動が正しくおこなわれていない

激しく痛くなるほどぐいぐい他の人に押させるが、こんなことをしたら大怪我の原因になる。
腱が切れたり、骨折の原因になる。
また、トレーニングをおこなう前に柔軟はおこなうことが多いが、終わった後にも柔軟運動は必要である。筋肉が破壊されたあと修復のプロセスに入る。修復は破壊によって短くなってしまった筋肉が、元の長さに戻ってから始まる。そのために早く修復させるためには柔軟運動が重要なのである。
また、トレーニング後に柔軟をおこなわないと、筋力はつくが柔軟性が失われてしなやかな動きができなくなる。結果として競技力が高まらない。

  • 運動後に栄養を摂っていない

運動後、破壊された筋肉を修復するために理想的には30分以内、やむを得ない場合でも1時間以内にたんぱく質を大量に摂取することが必要だ。しかしながら学校では制度上難しい。
筋肉トレーニングは部活では帰宅直前におこなわせるとか、体育の時間は給食の直前とかにすることはできないか?と思う。

このように体育教育には様々な問題がある。

実際には原則を正しく理解して、運動をすることで体力はみるみる向上する。私は体力が向上し、競技力が高まったりすることで達成感が養われて、自分自身への信頼感、自信がつくのが本来の体育教育のあり方だと考えている。

さて、長々書き連ねてきたが、我が家では週末は子供と一緒に運動をしたりしているが、せめて自分の家では正しく楽しく体力をつけさせてやりたいと思っている。
親と一緒に運動をするというものはいいものだと思う。
私の父親は私が子供の頃、忙しいのに一緒に毎日ランニングをしてくれたものだ。虚弱だったのでそれを何とかしたいという親心である。
子供はえてして親の口先だけの思いやりを見破ってしまうものである。

一緒に汗を流すという体験をすることは、子供の事を想っているという気持ちが伝わるいいコミュニケーション手段だと思う。
以前の記事にも書いたが、子供のことを愛するということは、子供のために有限なる自己の生命の時間をささげることだと私は考えている。一緒に運動するというのはまさしくこの行為そのもので、きっと一生子供の心に残ると信じている。

正しい運動の方法を覚えて、子供と一緒に運動するということを強くお勧めしたい。精神的にも肉体的にも子供にかけがえのない財産を残してやれることだろう。

(文責 田村義隆)

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 保護者の方々及び、学校で体育指導をされていらっしゃる方
■コメント 学校での体育教育のあり方についての疑問と、正しい運動のあり方を実践することについて論じます
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • 体育 運動 体力向上 健康 筋力 筋肉トレーニング 競技力 コミュニケーション
カテゴリ一覧