ファミリーの1歩先には親子スタイル

ママとしての自分 妻としての自分 女性としての自分を承認しよう!

 こんにちは。姫先生です。

 前回の記事、いのちの学習については、たくさんの反響をいただきありがとうございます。

 今回からは、また少し違った視点で書いていこうと思います。

 私は、現在、25年間の保健室の先生の経験をもとに、全国での講演や研修講師ををしています。

 その中で、やはり保護者対象のものがとても多く、講演や講座のあと、お母さん方からたくさんのご質問をいただきます。

 先日、名古屋市内の生涯学習センターで行った子育てに関する講座では、
 「光る背中を見せて育てよう」というタイトルで、親自身のセルフコーチングについてお話をしました。

 「親の背中を見せて育てる」ということばを聴くと、多くのお母さん方が、とてもプレッシャーを感じるとおっしゃいました。

 ネバならない!の強要という裏メッセージを感じるのだと思います。

 講座に参加されるお母さん方は、とても熱心で、「子どものために何かもっといい方法はないか」という想いを持って参加されます。

 でも、私は、いつも言うんですね。

 「お母さん、遠くを照らす灯台になろうと思っていませんか?お母さんの足元もお母さん自身は、全く輝かずに、遠くを照らそうとしていませんか?」

 たくさんのお母さんたちが、母として妻として女性として、一生懸命頑張っているにもかかわらず、本当に承認されていないことを、保健室にいる時から感じてきました。

 飛行機に乗ったことがありますか?

 客室乗務員は、緊急時の説明をこんな風にします。

 「緊急時に降りてきたエア吸入器をつける場合、お子様がいらっしゃる方、まずは、保護者の方がマスクをご装着ください。ご自身の安全を確保して、それから、お子さんのマスクを装着してください」

 先に子どもにマスクを着けている時に、親が倒れてしまったら、子どもが共倒れしてしまうから。ということです。

 日本人の場合、

 「子どもが先」とか「親は犠牲になってでも」みたいな 美意識が根強くあります。

 それは、子どもより自分を優先しろという意味ではなく、人生という場に置き換えると

 親自身が

 人生って楽しい。いろいろあるけど、生きることを楽しんでいる。
 自分らしさを大切にして堂々と生きている。

 その姿を見て、子どもは、人生を安心して歩いて行けるということです。

 だって

 「人生はつまんないの。でも、あなただけは楽しんで」

 って、無理じゃないですか。

 人間は、意識的にやる何かより、無意識にやってしまうことのほうが、周囲に大きな影響を与えます。それは、無意識が意識の20000倍もあるという 大脳機能学の研究からも言えることです。

 だから、お母さん。

 幸せになってください。輝いてください。
 
 無意識に言っているネガティブなことばに気づいて、自分自身と自分の人生を輝かせてほしいのです。

 灯台自身が輝けば、自分の足元も 自分の近くも、遠くも、すべて輝きます。

 
 姫先生のブログ  http://blog.goo.ne.jp/hime1961
 

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • 子育て  コーチング NLP 
カテゴリ一覧