ファミリーの1歩先には親子スタイル

真夏の修学旅行

この夏休み、娘が京都へ修学旅行へ行ってきました。
本当は、6月に行くはずだったのですが、ちょうど新型インフルエンザが流行し始めた頃で、教育委員会からのお達しで中止になってしまいました。今回も、夏なのにインフルエンザが、すごい勢いで感染しているとニュースになっていたので、どうなるかと思っていたのですが、特に学校からは何も連絡も来ないまま、修学旅行は決行されました。

「夏は暑くてイヤだ…」と言っていた娘も、直前には「やっぱり、すごい楽しみ~♪」と、楽しそうに仕度をしていました。修学旅行の思い出がないのも可哀想だと思っていたので、ホッとしました。


1日目は奈良へ。そして2日目は京都へ。今回は、4人くらいずつ班に分かれて、班行動でお寺などを見学したそうで、どこを回るか、事前学習をしながら自分達で決めたそうです。
仏像について、お寺についてなど、いろいろ自分達で調べたこともあり、興味を持って修学旅行に行けたことは良かったと思ってます。
娘はバレー部だったのですが、同じ班のメンバーがサッカー部だったこともあり、球技の神様が奉ってあるお寺も参拝したそうです(娘が言っていたのですが・・・)

北の天満宮で勉学のお守りを買ったり、清水寺でおみくじをひいたり、とても楽しかったそうです。時間がなくて、入館できずに、建物の前で写真を撮っただけの所もあったそうですが、それも良い経験になったのではないでしょうか。

京都の街並み、友達と過ごした時間、すべてが良い中学校の思い出となったと思います。
どうなるかと思っていた修学旅行ですが、行くことができて本当に良かったです。
おみやげに買ってきてくれた「八橋」を食べながら、心からそう思いました。

by:樋口 美穂
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧