ファミリーの1歩先には親子スタイル

食事で身体をバックアップ

 旦那と一緒に暮らしていた時は、夕御飯のメニューに手抜きはなく、それなりにバランスのとれた食事を続けていました。でもひとり親家庭のメニューというのは、どうもつい、手抜きしがち。食事内容に文句を言う人がいませんからね~。

「今日、お父さん遅いっていうから、簡単なものですませちゃおうかー」が、毎日続いちゃうのです。これは、いけません。

 食事は身体を作るもの。OSG世代の子供たちは、食欲も旺盛ですが、体型も気にします。ママとしても、毎日の食事でそのあたりバックアップしたいもの。とはいえ、時間的にそんなに手間暇かけられない(笑)

 そこで考えたのが「いつでも野菜スープとおにぎり」。

 冷蔵庫にある野菜を5種類以上入れて、コンソメなどであっさりと煮たスープを常備します。一杯50キロカロリー程度。

 夕御飯の支度をするとき、一日で食べきる分量を一緒に作ってしまいます。単なるスープだと子供達が好まないので、芋類(かぼちゃ、さつまいも)、どんこしいたけ、シェルパスタ、肉団子、はるさめなど、子供たちの好きなものをどれか入れて作ります。全部入れてしまうとすぐ飽きるので、「今日はパスタ入りよ」などと、ローテーションさせるのがコツ。

 味付けも、コンソメばかりだとなぜか飽きるので、たまには味噌汁仕立て(といっても味噌はかなり薄め)、にぼしとしょうゆ仕立てなど、少し変えます。

 これを三食以外に常備して、お腹が空いたーというとき自由に食べられるようにしておきます。高校生の男の子になるとこれだけじゃ、ぺろっと一鍋食べかねないので、おにぎりも用意します。

 夕御飯の残り御飯、朝お弁当用に炊く御飯の残りもおにぎりです。常にいつもおにぎりがある感じにしておきます。これで、市販のおやつは欲しがらなくなりました。

 これを続けていたら、私の体にも変化が。野菜スープで野菜をたくさんとれるせいでしょうか、むくみがかなり解消しました。また、食事をすると大汗をかくようになりました。食事プラススープなので、むしろ食べる量は増えたのに、体重減も。子供たちは、体重は減らないようですが、背が伸びたり、体がしまってきたりという変化がありました。

 やっぱり、野菜の力ってすごいですね~。

 もともと、食事のメニューに野菜を欠かしたことはないけれど、足りてなかったんだなぁと痛感しました。野菜だらけのスープを、時間を気にせず、お腹がすいたら飲む。それだけで随分違うものですね。家の子は食欲旺盛な子が揃ってるので、夕御飯食べられなくなっちゃうということもないです。

 OSG世代になると、アルバイトや部活で、それぞれの食事のタイミングがずれたりしますけれど、とりあえずおにぎりと野菜スープを夕方食べておけば、夕御飯が8時すぎなんてことになっても他の間食をしないですみます。ぱっと食べて、塾やバイトにGOです。コンビニ間食や外食も減り、子供たちもお小遣いも節約できて、なかなか好評です。

 そうそう、甘いものもあるとうれしいですよね。甘いものは果物を用意します。食べやすいように剥いて、冷蔵庫にいれておくのがコツです。我が家では安い時に多めに果物を買って置き、一口大にしてから冷凍して保存してあるので、子供たちはアイスをつまむ感じでそれを食べています。スナック菓子やアイスクリームより、きっと体にもいいはずです。

三食の用意だけでも大変なのに、プラスこんな手間、、、と思うでしょうけれど、毎日の定常業務にしちゃえば、結構楽で、手間とも感じません。お米の消費は増えますが、食費はかえって安上がりになりました。成長期のお子さんのため、ご自身のダイエットのため、どうぞお試しくださいね。
(文・平戸京子)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧