ファミリーの1歩先には親子スタイル

どれが本当の自分かわからない

こんにちは!姫先生こと桑原規歌です。

中学校の保健室にいる時、中学生は、自分自身の多様性についてよく こんなことばを漏らしていました。

「いろんな自分がいる。私の中には人には言えないような自分もいる。いやだ。どれが本当の私なの?」

「私は、みんながおもっているようないい子じゃない。自分がわからない。そんな自分でいるのは嫌!」

思春期の子どもたちは、自分の二面性や多面性にとまどっていました。

思春期に限らず、多くの人たちは、自分の中に、「OK」を出せる自分と「NO」を出してしまう自分がいることに気付いています。

私たちには、ペルソナとかサブパーソナリティという本来の自分ではなく、成長し、周りに受け入れてもらうために作り上げた様々な自分がいます。

私自身を見ても、

コーチ、セラピストとしての自分と 自宅で孫と戯れている自分は、まったく違う人格・価値観・言動をします。

それを、受け入れることができるのは、

どれも、自分の大切な一部であるけれど、自分そのものではないということが分かっているからです。

私たちは、体が一つなので、人格もたったひとつであると信じてしまいます。特に自分とは何かを探し始める思春期においては、そのことに非常に苦しんでしまうことがあります。

サブパーソンナリティ、あるいはペルソナ、あるいはパートとよばれるさまざまな自分は、心理学の流派によって名前は違います。

たくさんの自分を統合するセルフ・あるいは本質としての自分というものが、それらの一つ一つの存在の肯定的な意味を尊重することで、大きな意味の自分に対し「OK」を出すことができます。

セラピーなどで、このテーマをとりあげ、セッションを行うと、多くの方が、

「自分は自分でいいと心が軽くなった」とおっしゃいます。

もしも、お子さんが、「自分が好きになれない」と、相談してきたら・・・

ぜひ、伝えてあげてほしいのです。

「あなたが嫌いだと思っている自分は、あなたそのものではなく、あなたの一部にすぎないんだよ。「本当のあなたは、もっともっと深いところにいるの。どんな自分も尊重して統合していく自分。

そして、あなたが嫌う自分も 好きな自分も、必要があって存在するの。

もしも、嫌いな自分が出てきたら、そんな自分がいることをただ、認めてあげてね。

存在することを否定すると、無視された小さな子供が暴れだすように、何度も何度も 自分の存在をアピールしてくるんだよ。

どんなあなたが出てきても、私は、あなたという存在そのものが大好きだよ」と。

たくさんのお子さんが、自分の存在そのものの素晴らしさを感じて生きていけますように・・・

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧