ファミリーの1歩先には親子スタイル

オトナになるとコーヒーの味がわかるんだろうか?

最近は、いつでもどこでもコーヒーが飲めるようになりました。どこの駅前にも気軽なチェーン店はあるし、路地裏でオシャレなカフェをみつけるのも楽しみです。ホントに便利になったもんです。

がしかし、「喫茶店」は無くなっちゃいちゃいましたねえ。いまどき、「カノジョー、お茶しない?」なんてナンパもなさそうだし、「喫茶店のハシゴ」なんてゆうデートも存在しないっぽいですね。


昭和な青春的には「喫茶店」って、実は相当トキメキ度が高かったです。「すべての恋愛は、さだまさしとかユーミンとかの曲に出てくるような、オシャレでカワイイ喫茶店で、起きるに違いないっ!」と信じてました。バカですねえ。

いろんな意味で、「喫茶店」に行くのがオトナみたいな、デートの王道みたいな、気がしていて、とにかく中高生のころのぼくにとっては敷居が高かったです。

で、「どうもオトナになると、コーヒーの味がわかるようになるらしい」みたいに思ってましたが、これが勘違いだと気づいたのは、実は最近です。単にオトナは、お茶しないと疲れちゃうんですね。いろんな意味でですけど。まあ、それがわかっただけでもオトナってことですな。

「喫茶店」こそ風前の灯ですが、どうやら流行のおしゃれ系なカフェとかは、男子高校生には、「オトナって感じ??」で敷居が高いらしいです。やはり、コーヒーの味がわかるはずもないんですが、周りはおしゃれなオネーサンやオニーサンばかり。しかも静かにオトナな話をしてますから、ファーストフードの喧噪とはだいぶ違います。場違い感は、ぼくらが高校生ぐらいのころの「喫茶店」の感覚に近いようです。

ということで、さわやかな秋には「親子でカフェ巡り」もよろしいのではなかろうか。親子であっても、ちょっと違うオトナな空気のなかだと、ちょっとオトナ同士っぽい会話とかもできるべ・・・。と、フラフラ出かけたんですが。


むう、これでは単なる学食ですな。

いまどきのおしゃれなカフェは、いわゆる「カフェご飯」も充実してますからね。まあ、よろしいんではないかと。
(せきね けんいち)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧