ファミリーの1歩先には親子スタイル

お父さんが家族であることは難しいかもしれない

自分はかつてずっとサービス業に従事してきたので、平日のみ休みで、かつ祝日は必ず出勤だった。
お盆や正月も出勤。

平日も休んでいるかというと決してそんなこともなくて、一ヶ月に一度も休みが取れないというようなこともよくあった。
多分勝間和代氏などに言わせれば、要領が悪いからなどと叱られるのだろうが仕方がないこともあると思う。

日本という国は斜陽化に向かっていて、個々の企業は何かを変革しない限りは売上は右肩下がりだ。変革をする、しないというのは経営者層の判断であり、個々の従業員つまり兵隊には選ぶ権利はない。

リストラが進んで正社員の人数が三分の一という状態で、業務をやるとなると断るなんていう選択肢はなくなって来る。月間200時間ぐらいの残業が恒常化する。そりゃそうだ。社員数3分の1だもん。

最上階の吹き抜けに立ってふっと下を見ると、下に吸い込まれそうだった。
「ここ来ると飛び降りたくなるよね。」
「うん、なるなる!」
ってそんな会話を同僚とよくしたものである。

まだ自分などは当時若かったので、大丈夫だったが50歳ぐらいの社員になると、疲労の余りまっすぐに歩けない人とかが出てくる。

家族のことなど本当に省みる暇とかない。

自分が生きるのに精一杯。生きるというか生命を維持するという表現が正しいか。
家に帰っても本当に3、4時間とか寝るだけである。

これで家族に何かしてやれるか?
子供がいる社員の家は本当に母子家庭のような状態だった。

こんな状態で、家族のため、子供のために一体何をしてやれるのか?
まず、自分のこと。それで手一杯。
名ばかり店長とかみんなこんな状態だと思う。

子供の夏休みの間に一度も休みを取れなかった時は、本当に切なくて泣きそうだった。

「運動会とか学校で何かやるときに来て欲しいです。
 毎日帰って一緒にご飯を食べたりしたいです。
 日曜日とかいっしょに遊んで欲しいです。」

というへたくそな文字の子供の手紙を妻から受け取ったときも、実にやばかった。


このような生活を何年も続けてわかったことが一つあった。これがわかっただけで、苦労した甲斐があったと思う。

「一番大切なものは家族だ」というシンプルな原理である。

さて、話を戻してこういう労働実態の中で、家族というものはどうあるべきか?
どうあればいいのだろう。

辞めて転職すればという意見もあるだろうが、中高年が退職して家族をきちんと養える給料をもらえる会社にいけるという保障はまったくない。いや、非常に難しい。下手したら本当に警備員とか清掃員の仕事ぐらいしかないわけだ。

派遣村とかああいうニュースを見ると恐ろしいと思う。

人ごとだと思えないのだ。
正社員というものであっても薄氷の上の危うい安定の上にある。

いくらきつくても今の職業にしがみつくしかない。
それが、特に中高年という人生の季節を迎えたお父さん、言い換えれば思春期の子供を持ったお父さんの現実である。子供が思春期の頃は一番生きていくためにお金がかかる。家族を思えば会社で働くしかない、でも家族と一緒に暮らすことはできないというこのジレンマ。

幸いにして今の自分は土日休めるような仕事に就いているが、疲労の余りまっすぐ歩けなくなっているお父さんもいっぱいる。

こういうお父さんにとって家族って何?っていうのは自分にとって未だに答えの出ない大問題なのである。皆さんはどう思いますか?

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 全てのお父さんとお母さん
■コメント 生活するということ自体がぎりぎりである現状の中での、家族のあり方はどうかを考えませんか
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • 過労死 ワーキングプア 失業 お父さん 会社員 名ばかり管理職
カテゴリ一覧