ファミリーの1歩先には親子スタイル

出張のとき、子供たちにまかせてみる

 私は年に数度、海外出張が入ることがあります。その時子供は、私の実家に預けたり、連れて行ったりしていたのですが、上二人の子が高校生、連れて歩いていた末っ子も小学校二年生となり、学校を休ませるには抵抗がある年になってしまいました。私のせいで、勉強についていけなくなってしまっては、大変です。

 上二人は、身の回りのことを自分でできます。でも、私がいないとハメをはずさないか心配。
 末っ子はまだ、自分の身支度も、任せられません。
 実家に頼めば、喜んで面倒を引き受けてくれて、こちらに泊まり込んでくれるのですが、、、。
 父親とは、子供たちはコミュニケーションを取っていますが、こういったことを頼めるような付き合いはしていないので、頼めません。だから、4日間の出張中、いつもどおり、実家に頼んで出かけようかなと思っていました。

  でも、長男に相談すると「俺たちでできる」と、自信ありげな様子。実家の母に頼めば、食事、洗濯などやってくれるので、子供たちだって楽だとは思うのですが、母も近所に住んでいるとはいえ、自分の生活のリズムがありますし、仕事はしていませんが、友達とのお付き合いもあるので暇ではないはず。そういうのを子どもたちは、敏感に察したのかもしれません。

「末っ子の面倒は俺が見るよ。バイトや部活はその間休むし、食事の支度なんて自分でできる。お弁当買ってもいいし」

 長男の言葉を信頼していいのかどうか、悩みましたが、長女も家事分担するというし、末っ子もお兄ちゃんが早く帰ってくれば寂しくないというし、何より三人が協力して結束するのはいいことかもしれないと思いました。たまには口うるさいママがいなくて自由な夜があるのも、ママがいなくて大変なことも、経験させておくのは悪くないような。

 兄姉が、ハメをはずせば、正直に報告してくれるはずの末っ子、料理得意で末っ子と仲のいい長男、洗濯や掃除、ペットの世話を任せられる長女の三人で、どれだけできるか。試すのにいい機会かもしれません。もちろん、何かあったらすぐ駆けつけてくれるはずの実家にも事情を話し、少々不安に思いながらも、私は出張に出かけてきました。

 子供たちだけで留守番させるにあたって、気をつけたことは

・海外でもケータイが使えるようにしておいたこと
  子供達が困ったら、すぐ電話できるし、こちらも自宅の様子がすぐわかるので安心。

・必要なお金は、多すぎず、少なすぎず置いておく
  4日間で1万円ほど、専用の財布に入れ、長男に託しておきました。必要なものを買ったときは、レシートとお釣りをお財布にいれておくよう、言っておきました。

・カレーや冷凍した御飯のストック、麺類、卵・パン・肉と基本的な野菜の買い置きをしておく
  子供達が自炊できるような材料を、冷蔵庫に用意しておきました。

・周囲の人への告知
  兄姉の友人とその親、末っ子の学校の担任、習い事の教室などに、出張することをあらかじめ伝えておく。こうすることで、兄姉のハメをはずすことを予防し、末っ子も、先生がいつもより気にかけてくれる効果で、提出物忘れなどを防ぐ効果がありました。

・仲良くすること
  兄姉弟間で、私がいない間は喧嘩しないこと。喧嘩しそうになっても、ママがいない間はお互い我慢して、喧嘩のネタは棚上げしておくように、強く言っておく。

  末っ子がまだ小学生なのに、子供だけの留守番をさせるのは、賛否両論あると思います。私も悩みました。でも、結果はきちんと家事育児勉強を両立してくれて、お財布にお金もたくさん残しておいてくれました。

  兄・姉、それぞれの様子を一人ずつ聞いてみると、多少夜更かし気味ではあったものの、朝はきちんと起きて食事をし、時間にはちゃんと登校し、末っ子の面倒もそれぞれ分担してみてくれたようです。末っ子は兄の保護者っぷりをめちゃめちゃ褒めていました(笑) 姉は洗濯を少々さぼり、掃除をさぼり気味ではありましたが、夜出歩くなど、ハメをはずすことはせず、ずっと家にいたそうです。昨年は長女の反抗期もあって、こんなことは絶対できなかったんですが、今は兄姉弟ともに、気持が安定していたのでできたことだと思っています。

  子供たちのすべてを信頼できるわけではないんですが、たまには信じて、任せてみるのもいい経験になりました。それも、三人子供がいるから、できたことだなぁとつくづく三人の子供の力を見直しました。一人だったら、たとえ高校生だろうと、残していくことはできなかったでしょう。

  母子家庭ですし、これから先もこういうことはあるかもしれません。しょっちゅう子供たちにまかせて出かける勇気はありませんが、たまに、緊張感が持続してる間は、また頼んでみようかなと思っています。

  逆に、子供たちを置いて夜飲みに出かけたりすることも、気がひけてひかえていた自分は、あまりにも子供を信用しなさすぎていたのかもしれないなとも思いました。長男にも「もっと信用しろよー」と言われてしまいました。

 このことをきっかけに、家族の結束はより、高まったかもしれないなーと思っています。ま、当分はまだ、目を光らせていきますけどね(笑)

 とにかく、子供たちのおかげで、よい仕事ができました!感謝!

PICT0039.JPG

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧