ファミリーの1歩先には親子スタイル

おすすめ本・『放っておいても明日は来る』

こんにちは、巻尾です。
 親子スタイルに参加するようになり、「就活」の話題を目にすることが多くなりました。自分の子には実感がわかず、まだカッコつきの言葉の印象がありますが、でも上はもうじき高校生、そろそろ将来のことも考えないと、というか考えさせたい、と思うこのごろです。
 そんな折に出会ったのが、高野秀行著『放っておいても明日は来る』です。


 著者は、辺境に幻獣を探しにいったり、秘境やジャングルを探検する、”辺境作家。本書も、サブタイトルの「就職しないで生きる9つの方法」のとおり、日本を飛び出し、アジアできわどい経験をしたり、突然ビジネスを始めてみたり、といういわば自由に生きる人々を紹介する本でもあります。

 まあこういう本は結構あるかもしれませんが、面白かったのは、これが上智大学に著者が呼ばれて半年間担当した「東南アジア文化論」の講義録だということです。「東南アジアを生で経験している人を呼んで話を聞こう」と、毎回ゲストを呼んで対話形式で講義を行ったら、毎回好評で、しかも話を聞いた学生が、「癒されます」と言うのだとか。

 どうやらこの不況下就職活動は厳しく、三年生から延々と就活をする学生は、非常に不安な状態。そこで、ゲストの「明日のことなんか考えない」「てきとうにやっててもなんとかなる」といった話を聞くと、気持ちが軽くなって就活に余裕が出てくる、というのだそうです。
 確かに、本書に登場するのは「てきとうにやってなんとかなった」人ばかりです。海外勤務直前に会社がなくなったけどとりあえず現地に行って、そこでふらふらしながらビジネスを自分で立ち上げたり、ダイエットのためにボクシングを始め、その流れでタイに行き、プロのムエタイの選手になったり(女性です)、映画館経営などを経て「名前がいいから」とラオスのビエンチャンに行ってカフェをオープンさせたり、などなど、本当に適当ながら、みんなちゃんと生活が成り立っています。

 しかも、1966年生まれの著者の同世代、40代前後の大人ばかり。若気の至りをとっくに超えて、それでもきちんとくらしているというのは、こちらも同世代としてうれしくなります。
 夢を持とう、あきらめなければ絶対かなう、とは、子ども・若者に向けられた文脈によく出てきますが、裏を返せば、それ以外の選択肢を消している、ともいえますよね。そうじゃなく、そのときどきで、よさそうなものを選ぶというやり方だって、結構いいもんなんだなあ、と思える余裕が、子どもにも大人にも今あったほうがいいかもしれません。

 ただし、単に”てきとう”だけではない、というのを感じられたのが次の一文。
「オレは好きなことだけをしてきたけど、好きなことは必ずしも楽なことではない」「楽なことを選んだことはない」
 楽にくらしたい、楽に儲けたい、というのが今蔓延している気がしますが、好きなことをするのは楽なこととは違う。これは子どもにも実感させたいな、と思います。

(文・神谷巻尾)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧