ファミリーの1歩先には親子スタイル

志望校 やっと決定!

中学3年の娘の受験する高校がやっと決まった。公立を第一志望としていたが、私立高校を併願受験をするかどうかで、長い間悩んでいた。というより、娘自身が、私立の志望校を見つけられずにいた。
でも、本人が真剣に考えなければ、親の考えだけでは結論は出ない。確かに、「自分の将来を決めなければならない」と考えると、中学3年の娘も答えが簡単に見つけられなかったのかもしれない。でも、もしかしたら自分が通うことになるかもしれないのだから、真剣に考えてほしいというのは当然のことだと思うのだけど…。

第一志望の公立高校と同等のレベルの私立高校を選んで、とりあえず見学に行ったが(この時点ですでに12月に入っていたが)、娘は学校の雰囲気が馴染めないと受験することを拒否。「受験校選びは、むずかしい…」と私は実感しながら、高校が掲載されている高校紹介本を片手に、娘とまた一から高校選びを始めた。


この頃には、娘も焦ってきたのと、少しずつ高校が身近に感じられるようになってきたのとで、いくつかのキーワードにかなった学校を、受験する高校としてピックアップできた。

まずは、
男女共学であること(娘曰く、「これは外せない」とのこと)

その他に
大学の付属校であること
(私立に行くなら、3年後の大学受験のことも視野にいれて)
公立高校の発表まで、納入金を待ってくれる
(併願でも、入学金の一部を納入しなければならない高校もあったので)

気になる高校から、上記の条件に合った高校を選び、その中から娘自身の感覚で1校に絞り込んだ。それから、大慌てでその私立高校に電話をして、願書&受験要綱を取り寄せたり、見学可能な日を学校に問い合わせて実際に高校見学に行ったり、中学校の担任の先生に受験することを伝え、先生に書類を作成していただいたり…。

その私立高校は、受験をするために成績等の条件があり、事前に受験許可をもらわなければならなかったので、中学校の先生にお願いをして高校に行っていただき、受験許可をもらっていただいた。
受験したい私立高校を決めてから、受験許可をもらうまで約1週間ちょっと。ほんとうに、慌ただしくバタバタしてしまった併願高校選びだった。

併願高校が決まって、ホッとした娘だが、さぁ、これから第一志望の受験に向けて、もうひと踏ん張り頑張らなくてはならない。模擬試験の結果は、少しずつだけど上がってきている。けれど、もう少し頑張らなくてはならない状況だ。第一志望校への合格を目標に、マイペースではあるが一生懸命に彼女なりに努力しているのはわかる。合格発表まで、親子そろってドキドキした日々を過ごすことになりそうだ。
でも、目標に向かって努力したという経験は、きっと必ず、これからの娘の人生において、プラスになると思っている。

(文:樋口美穂)
親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 高校受験の受験校選び
■コメント 受験校選びは大変だけど、本人が納得できる高校を選ぶことも大切
■参考 http://allabout.co.jp/children/hsexam/
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • 高校受験 受験校選び 志望校
カテゴリ一覧