ファミリーの1歩先には親子スタイル

ただいま受験真っ最中

我が家の娘、大学受験の真っ最中です。
県立の進学校に通っているものの、最初から斜に構えてちゃんとやってこなかったつけが思いきりまわってきていて、なかなか苦戦中です。
でもさすがに周りに影響されてか、かなり出遅れ感は否めないものの、ここ数ヶ月は本当によくがんばっている様子です。

それでもどこまで真剣にやっているのか疑問でしたし、何でもあったって砕けろ、的な娘なので、受験に対してどの程度プレッシャーを感じているのかいまひとつつかめないまま、センター試験を迎えました。


なのでセンター試験前夜、深夜に娘が寝室に泣きながら乱入してきた時にはびっくり。
寝過ごしたのかと思って慌てましたが、「緊張して眠れない。」ということでした。
「へぇ、意外と真剣に捉えているんだ。」という思いと、普段ほんとにえらそうな口ばっかり聞いている娘が、幼児の時に困ったことがあると私のところにやってきたように、いいに来たことにちょっと感激してしまいました。
「あなただけじゃなくてみんな同じように緊張しているんだよ。」
「もし眠れなくても、試験はちゃんとできるから大丈夫。」
と言い聞かせて、夫と二人しばらく彼女のベッドの横についていました。

受験は大変だし、本人にしてみれば、さっさと終わって欲しいのでしょうが、一生懸命努力している姿や、この日のような姿、また学校の先生や塾の先生の暖かい励ましや、親身になって相談に乗ってもらっている様子などを見ていると、このまましばらく受験生でいて欲しいな、などと不謹慎なことまで思ってしまいます。(大学生になったらまた、手のつけられないやんちゃ娘になることはかなり確実なので)

センター前日、友達や学校の先生、塾の先生、夫からも合格祈願のお菓子をたくさんもらって、娘はいろいろな人に支えてもらって受験生をやっているということを、実感してくれたのではないでしょうか。

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 受験生とその家族
■コメント 受験生も悪いことばかりではないですね
■参考 合格祈願お菓子ってこんなにいろいろあるんですね。
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧