ファミリーの1歩先には親子スタイル

今日はどうされたんでしょうか

昨日、出勤前に学校より電話あり。

「あのう…今日はどうされたんでしょうか?」

息子が通学途中、姿をくらましたらしい。こんなときのために持たせたGPS携帯。もちろん鳴らしても出ないに決まっているので、本人も知らない「居場所通知」機能を起動。
わずかずつ、学校に近づいている様子である。


夜は説教タイム。
しかし、途中で同居している私の母がぐずぐずと難癖つけ出し、全く方向性の違う親子喧嘩に発展、息子は入浴して就寝した。
(コラム遅れた理由はそれです。すみません)

そしてまた今朝、
「すみません、また来てません…」

実はこれで三度目である。一度目は息子が先生が連絡帳に書いた報告をマジックで消し、先生には、

「ママが消した」

と言い張って話をナシにしやがっていたことまで判明。

保育所時代からの親友もいるし、仲の良いおともだちもいるし、いじめもないし、学業では全く問題がない(それがかえって生意気になる原因でもあるのだが)。

じゃあなにが原因なのかな、と言うと、当の本人も、

「わかんない」

ときた。

理由は色々と推測できる。
まず担任の先生がおそろしく細かい。
忘れ物をすれば、毎日その忘れ物を連絡帳に書かせて、一つ一つに判を押してくる几帳面さである。
それで効果が出たならともかく、毎日なにかしら忘れているのだから、もうこの手はきかない、と、いい加減お気づきになられてはいかが、と思うが、忘れているのが実の馬鹿息子なので、とても言えない。

そしてその内容をいちいち気にして、帰宅から就寝まで、起床から登校まで、背中に張り付いて小言を言うのが私の母である。

この人は、私一人しか子を持たず、超不仲の夫は常に単身赴任で留守(挙句に定年離婚)、私がかなり大きくなるまで専業主婦で、しかも娘の私は一人で読み書き計算を覚え、塾も家庭教師もいらず、宿題も一人でさっさと終わらせるできた子であったのを、何の根拠も無く「当然」と思っていた人なので、

「可愛い孫息子がこんなに悪いのは、自分の仕事や人生にうつつを抜かす娘が悪い」

と私を朝から怒鳴り、責めてくる。息子は子ども心に祖母の理不尽さに腹を立て、

「ママは悪くないでしょ!うざいのはばーばだよ!」

と怒り、それを聞いた母は、

「こんなに愛している私を孫が裏切った→私は常に正しい→やっぱり娘が悪い」

と怒り狂い、ますます朝から娘と孫に向かってヒスりまくるのである。(母に息子がいなくてほんとうに良かった)

「連絡帳は家庭との大事な通信手段です。
おばあちゃまが騒がれるのであれば、おばあちゃまには連絡帳を見せないようにできませんか」

とは担任の先生のお言葉であるが、それ言ったら、更に荒れるよ、どうしてくれるのさ。

忘れ物は、忘れてほんとうに困った、という思いをしない限りは、ずっと忘れる。
家でも小言を言われ続け、学校でも小言を言われ続ければ、そりゃ息子もストレスがたまるし、ますます反抗的になる。

朝、ばーばと大喧嘩したまま学校に行けば、自分でも荒れた心のままで友人たちと接することになるし、先生にも余計にしかれらるから、登校途中、公園や道の片隅に座って、クールダウンして、心のバランスをとろうとしている息子が、ある意味けなげにも思えて、怒る気持ちも失せてくる。

それでも、そのときに危ない目にあうかもしれないし、やはり学校という社会の一員として守るべきルールがあるから、親は叱らないといけない。

ごめんね、泣きたいのはママも一緒なんだよ、と、心の中で詫びている今日この頃である。

どなたか、なにかいい方法をご存知ないですかね?

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧