ファミリーの1歩先には親子スタイル

生理不順は放置せず早めに診察してもらいましょう

10代の女の子の生理不順などが多くなっていると聞きます。

うちの次女ももともと生理がはじまるのも遅く、そしてはじまってからも生理不順で3ヶ月来なかったり半年来なかったりするので少し気になっていました。
でも、10代でまだ不安定なのかな?と思っていたのと、本人も学校の課題やサークルやアルバイトなどで忙しく「なければないほうが楽」と思っていた部分もあり、そのままになっていました。

ここ半年くらい妊娠の可能性もなく生理が来ない時期が続き、さすがにこのまま放置はよくないだろうと思い、産婦人科につれていきました。本人はあまり行きたがらないのを説得してとにかく一度検査してもらうことにしました。
(そうですよね、ティーンの女の子が好んで行きたくはないでしょう)


最初の診察で、排卵が止まっているようだと言われました。
詳しいことは調べないとわからないと言われ、その日はそのまま帰ったのですが、急に心配になってネットであれこれ調べました。

もしかしたら「早発閉経?」
10代や20代で更年期の女性のような症状で生理が止まってしまうこともあるようです。
そうなると妊娠するのが非常に難しい状態のようなのです。
かなり動揺しました。
これまで娘がうっかり妊娠してしまうことを心配することはあっても、不妊の心配をしたことはなかったので、動揺すると同時にもっと早く連れていかなかったことを後悔しました。
旦那にも相談したら「まだ何も結果が出ていないのに勝手に決めつけるな」と言われました。

結局2回の検査を受けて多嚢胞性卵巣症候群ということがわかりました。
うまく説明はできませんが排卵がおきにくい病気で、それほど珍しいものではなく、まずはすぐに妊娠を希望しない状態であれば薬で排卵調整をしていくそうです。
それ以外の症状はないので、普段の生活には差し障りありません。
原因もこれからどうなるということも結局はわからず、薬を飲みながら様子見ということになりました。
医者からはあまり神経質に心配しすぎないようにと言われました。

更にネットで調べたりそういった女性の病気のコミュニティなどの情報を見ると、その診断をされた人でも自然妊娠されている方も多く、知人でも自分も同じだったけれど妊娠したと言うひとが数人いたので、その点についてはあまり心配しすぎないことにしました。原因がわからないので、普通に健康的な生活を心がけていくしかありません。

お嬢さんをお持ちの方で、娘の生理不順が長かったりちょっとおかしいなと思ったら、早めに見てもらうことを強くおすすめします。やはりずっと放置してしまうと子宮が使われなくなり硬くなってしまい、手遅れになるケースもあるそうです。
たとえ何かしらの病名が該当したとしても、早期から診察をして病気を自覚して付き合っていけば、大分違うと思います。

ちなみに早発閉経を心配していたときによく原因として目にしたのは、ダイエットや激しいスポーツ、栄養バランスが悪いことなども書いてありました。
10代の子にはありがちなことだと思います。
生活改善で努力できることもあると思いますので、やはりお母さんは気をつけてみている必要がありますよね。ティーンの女の子はよっぽどでなければ自分から産婦人科に調べに行ったりはしないと思いますのでお母さんが働きかけることも時には必要かと思います。

女性の病気は侮れません。
母娘ともに、できるだけ定期的に見て貰い安心して過ごしたいですね。

文:大橋ゆり

カテゴリ一覧