ファミリーの1歩先には親子スタイル

圧倒的な自然を見せたくて……グランドキャニオンの旅

IMG_6785_2.JPG

武田りこさんの「夏のアラスカ」記事中の言葉「圧倒的な自然の姿というのは心に残ります」という言葉がずっと気になっていた私。今年の夏休みは娘達の夏期学校や部活動の具合から長い休みはとれそうにないので、春の旅行を計画しました。

せっかく行くなら英語を学び始めた中学生の娘がさらに興味を持てるようにアメリカにしようと決めました。


行き先はアメリカに住んだことがある友人達が心に残ると推薦してくれたグランドキャニオン。アメリカ本土はアンカレッジ乗り換えで降り立った経験しかない(一体いつの話?!)のでほとんど初めての私。下の子が4才とまだ手がかかることもあり、ラスベガス&グランドキャニオンのツアーに申込みました!!

グランドキャニオンには陸路で行きたいというのが夫の希望。ラスベガスからは日帰りのツアーもありましたが、帰りの時間があまりに遅いので、3泊4日であちこちの観光地に寄りつつゆっくり往復するプランに。

ラスベガスを出ると広がるのは荒野。ずっとずっと荒野。運転してくれたガイドさんに尋ねると、水道がないので人が住めないとのこと。人が住んでいない地が果てしなく続く道にアメリカの大きさを実感です!ずいぶん走って家が建っている地域に出ると本当にほっとします。コンビニでトイレを借り、水を買ってまた走る!ラスベガスからグランドキャニオンまでは片道5時間近く。時差ボケもあって車中では思い切り寝てしまいました……。そこはツアーの楽なところではあります。

そして着いたグランドキャニオン。TVでみたこともあるし、ポスターでも何度も目にしたことのある風景です。イメージを再確認するくらいの感じかと思って展望スポットに歩いていきました。そこで目にした景色。想像以上の「グランド」さに思わず声が!!

一つだけすごい岩肌が見えているわけではなく、目に入るすべての場所が18億年?2億年前の地層が露出した彫刻のような地球の姿。静かにたたずむ渓谷のスケールの大きさに圧倒されました。

ガイドさんが次々に展望スポットを案内してくれます。ここがツアーの残念なところ。一つひとつの場所でゆっくり感動したかったよおー!と後日感じてしまいました。

中学生の娘は自分のカメラで景色や家族をぱしゃぱしゃ。夫と私が地図をのぞきこんでいるところも撮られましたー。小学生の妹も姉に見せる顔はまた微妙に違っていていい記念になりました。

さて、帰国前の1泊はラスベガス。21歳未満はカジノに入れないので、ここでの我が家的一番のおすすめの過ごし方はベラージオホテルの噴水ショーを見ること!
計算され尽くした光と音の競演が見事です。これも写真と実際とは全然印象が違います。毎回違う趣向ですし、無料で見られるのも楽しい♪ 午後8時からは15分おきにあるので、連続して見てしまいました。人間が考え工夫した美しさと、自然の壮大さと。ラスベガス起点のグランドキャニオンの旅の醍醐味はここにあるのかもしれません。

子供達はまだ今回の旅についてあまり語ってくれませんが、自然の雄大さに触れたことをこれから先少しでも思い出してくれる局面があったらうれしいなと思います。

文:和田理恵

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 思い切り壮大な自然を体感したい親子
■コメント グランドキャニオンの壮大な自然は想像以上。道中のコンビニの品揃えもアメリカを感じるいい体験になりました。
■参考 グランドキャニオンWikipedia
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  •  旅行  春休み グランドキャニオン ラスベガス
カテゴリ一覧