ファミリーの1歩先には親子スタイル

中学生になって1ヶ月経ちました

 わが家の息子、中学生になって1ヶ月経ちました。
 ブレザー、ネクタイ姿で出かけます。当初はワイシャツの第一ボタンがしめられないから始まり、ネクタイも結び方が印刷されたものを見ながら四苦八苦していましたが、今ではテレビを見ながらチャチャッと結んでいます。ブレザーも徐々に息子の体になじみ、リュックを背負って出かけます。


多くの中学1年生が、中学に入ったら部活動を頑張りたいと抱負を語っていました。
うちの息子も同様で、ソフトテニス部に入部しました。
息子の通う公立中学は校庭がせまいので、部活の練習は毎日ありません。野球部、サッカー部、テニス部が日替わりで校庭を使います。そのため練習は1週間のうち2,3回です。試合が近くなると朝練をして、練習不足を補うようです。それでも、先輩たちは都大会で優勝したそうです。毎日練習しなくても、結果を出せるのはすごいなと感心しました。毎日できない分、練習時に集中するのかもしれませんね。
 部活動が毎日ないというのは、他の日に習い事や塾に通うことができるというわけで、息子は塾にも通っています。親として、部活に参加して楽しい中学生活を送ってほしいという気持ちと勉強もしっかりしてほしいという欲張りな考えを両立させてくれることになり、ホッとしています。
 息子は部活では先輩の打つ球の速さに驚き憧れ、授業では先生に「赤点」という言葉を教わり、テストで赤点を取らないように真剣に勉強しているようです。
 息子自身も中学生になったことを実感しているようです。 
 始まったばかりの中学校生活ですが、勉強に対しては緊張感を保ちつつも、楽しく過ごしてほしいなぁと思います。
(木村有希)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧