ファミリーの1歩先には親子スタイル

封印されたコトバ

ここ数日、暑いと思ったら5月の真夏日は6年ぶりだとか。そうかあ、もうすぐ夏だー!海だー!バカヤローだー!「××」だー!

「××」は、21世紀となってはとても口に出せないコトバです。
それこそ思春期・青年期を包括する便利なコトバなのに、どうにも使うのがはばかれる死語。さらには、団塊世代が著作権を独占しているように思えるのも、しゃくに障る・・・。

そうです。「青春」というコトバ。

人それぞれの思いがあっていいし、けっして悪いコトバではないので、偏屈に定義するのもとてももったいない気もします。
なのに実際には完全な死語です。今の若者向けのアニメやマンガや小説には、恋愛と部活と制服であふれているのに、まず直接的には使われません。まるで何かの呪いのコトバかなにかのようです。
ここ数年じゃあ「ビバ・ヒル青春白書」と「青春アミーゴ」くらいしか思い浮かびませんが、これらも「化石」(これも死語!)としての用例ですねえ。

直接的には「人生の春」であって、若い時期のヴィヴィッドな感性の輝きとかほろ苦さとかの、まあイロイロ・・・。そういうものは今の若者にも普通にあるでしょうから、ぜんぜん使っても良さそうなのですが、どうも今の時代しっくりきません。
そこまで忌み嫌うのは、文芸・思想史的なニュアンスや70年代学園ドラマの古くささだけではないように思うのです。

その違和感は「限られた短い時間ゆえの貴重さ」という感覚なのではないでしょうか。日ごろ子どもたちに説教したいことなんていうのは、ざっくりいえば「短い日々を大切に生きれや」みたいなことです。
なのに「青春」は短いのだとしたら、どこで終わりなのか?の線が、何とも引きにくくて説得力がないのです。卒業とか年齢とか結婚とか、あまりにもぼんやりしてしまいます。なにせ、きょうびは「男子・女子」がアラフォーに手が届いてます。違った意味で「生涯青春」ってやつですね・・・。おそろしいことです。

不思議なことに、息子がぼくの昔話に耳を貸してくれないことが、だんだんと多くなってきます。そりゃ30年も40年も前の話はウザイし理解できないでしょうけど、彼らは現在を生きているんだなあと、あらためて思います。「青春」の決着をつけるのは、親や世間ではなくてやはり本人自身なんでしょうね。

(せきね けんいち)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧