ファミリーの1歩先には親子スタイル

娘のコンプレックス『二重になりた~い!』

高校生になった娘にとって、登校前の欠かせない毎日の日課は… 二重瞼にするためのアイメーク。
小学校高学年頃から、娘にとって『一重瞼の自分』がコンプレックスだった。これは、ダンナ似。私は、クッキリとまではいかないが、大きな二重瞼。

「なんで、ママに似なかったんだろう。どうして一重なの!?」
娘は言う。でも、一重瞼の娘は可愛いと思うし、周りだって娘の顔を「変な顔」とは思っていないと思う。でも、娘にとって、一重瞼は最大のコンプレックス。


中学生の頃は、友達や家族、誰とでも出かける時には、必ずアイプチで二重瞼にしていた。さすがに学校へ行く時にはアイプチをして二重瞼にすることを許さなかったが、同級生の中には、二重にしていた子もいたらしい。娘曰く
「それがコンプレックスになって学校に来れなくなると困るから」。
学校としての対応だったのかは不明だけど、そういうものなかなぁと考えてしまった。

娘の目は、決して大きくはないけど、くりっとしていて可愛いと思う。自然のままの一重で良いと思うのだけど、娘は
「ママは二重だから、私の気持ちがわからない!」
と言う。そんなに怒らなくてもいいじゃないって思うけど、娘にとっては死活問題らしい。

確かに、高校生になって、毎日二重にして学校へ通っている姿は生き生きしている。体育の時に、激しい運動をして一重に戻ったらどうしようと、真剣に心配している。二重瞼にすることで、自分に自信をもてるらしい。

こればかりは、娘の気持ちだから尊重するしか仕方ないと思っている。それだけで、気持ちが晴れるのだから、それはそれでいいのかも…。でも、二重じゃなくたって、友達の態度は変わらないと思うのだけど。一重瞼が、いつの間にか二重になったりする人もいるようだから、娘もそうなってくれると喜ぶだろうなと思いながら、毎日、登校する姿を見守っている。ちょっと複雑な心境だけど、娘の気持ちを、今は大事にするしかないとも思っている。

(文:樋口美穂)
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • コンプレックス 二重 二重瞼 自分への自信 アイプチ
[イマどきのOSG, 樋口 美穂]
(2010年05月28日 16:36) 個別ページ
カテゴリ一覧