ファミリーの1歩先には親子スタイル

くらたまの『精神が頑丈なところ、そこに私、何度も惚れなおしますね』

芸能ニュースで、漫画『ダメンズウォーカー』の倉田真由美さんと女医タレントの西川史子さんの、トークショーを見ました。


くらたまさんが、昨年デキ婚したお相手、すっごい数の女性経験があり離婚歴が3回ある映画監督について、「負債もたくさんあるのに、ぜんぜん動じないし懲りないていない」

西川史子さん、「そんな男やだー、(繰り返すなんて)バカじゃないの」

くらたまさん、「精神が頑丈なところ、そこに私、何度も惚れなおしますね

精神が頑丈、なんていい言葉!精神力が強い、とは聞くけれど、「精神」に「頑丈」は結びつかなかったわ。「頑丈」という言葉自体、私にとっては新鮮。そんな言葉があったっけ、というくらいほとんど使わない言葉です。

何度も惚れなおす、っていう言葉も、ちょっと演歌の香りがしてウットリ。私の日本人遺伝子に染み渡ります。精神が頑丈なダメンズを評価できるのは、精神的にも経済的にも自立した大人の女性だからこそ。

でも、このような台詞、どこかで聞いたことがあるような・・。

そうだ!うちの娘(高1)だわ。

付き合っている彼氏に、ちょっとした不幸があったが、彼は、「こんなの、よくあることだよ」と淡々と立ち向かっている・・というような話を娘から聞いた時のこと。「まあ、それは心配ね」という私に、娘は、「ぜんぜん大丈夫だって。こういう時にへこまないって、根性ハンパないと思わない?」。

この話での、「根性ハンパない」は、=精神が頑丈、ということだと思います。娘はそういうところも、彼の魅力として評価しているのね。倉田真由美さんほどの、女キャリアの高い女性と同じ視点を持っているとは・・・。娘、侮れません。

そういえば、あっという間に彼ができてしまったため、「どんな男の子が好き?」みたいな話はしたことがなかったな、と思い会話の中に織り交ぜて、さり気なーく聞いてみたところ、「配慮のない人は嫌いだよ」ですって。

配慮とは、気にかけたり、心がけたりすることでしょ。うーん、配慮があるというのは、なかなか高度なことのような気がします。配慮のない人は嫌い、ということは、彼氏は配慮のある人ということね。

同じ制服を着て通学していた3月までとは違って、大学生ライフに入った彼氏と、どんな付き合いなのかがわかりにくくなってきたこの頃。彼氏との関係は、親として心配なことはいろいろあるけれど、「配慮のない人は嫌いだよ」と言う娘の言葉は、私に安心感を与えたのでした。

頑丈な精神と配慮のある男・・・ならば結構いい男なんじゃない???ダメンズは困りますけどね。

(泉さやか)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • 倉田真由美 ダメンズ 西川史子
カテゴリ一覧