ファミリーの1歩先には親子スタイル

コドモたちの夏休み=私の夏休み

コドモたちの夏休み
私は楽しみで楽しみでしょうがない

「長い夏休みどうしよう……」とか、
「毎日お昼ごはん作るのメンドーだよねぇ」とか、
周りのお母さんたちは言っているケド、
私は、
普段自分も好きなコトを好き勝手やっている分、
仕事をやりくりして、休みをなるべくいっぱい作り、
夏休み大作戦! を繰り広げるのだ。
goya1.JPG


自治体が募集している子どものための
夏休みの体験ツアーや講習会など、
参加資格を満たしているものにはせっせと
往復はがきを買いこんで応募。
特に自治体のものは当たる確率が低いので、
応募しても必ず行けるとも限らない。
            ○○      ○○
今年は、
いちばん上の子が、
老人施設でのボランティアも体験した。
「今日●●はお仕事をしてくるんだよ!」と張り切って行ってきた。
おやつタイムに出たコーヒーゼリーが食べられず、
リュックにそのまま入れて持って帰ってきて、
帰り、待ち合わせの駅で会うなり、
それを得意げに「かーちゃんにお土産!」と差し出したときには、
何だか大きくなったような気がして嬉しかったなあ~。
(私がかなりコーヒー好きというのを彼女は知っている)
            ○○      ○○
近所の働いているお母さんには、
「○日と○日はあたしはだいたい家と近所にいるから、
(子どもたちに)いつでも遊びに来るように言ってね~。
お昼もあるよ~」と言って、
うちがみんなでいる日は、
近所もあわせてみんなで楽しく過ごすようにしている。
            ○○      ○○
近所へのおつかいは慣れているものの、
夏休みは特別に、
駅前の、自分たちだけでは行ったコトのないお店へのおつかいも頼む。
今まで何度も私と一緒に歩いて、ここが危ない、
こっちの道を通る、休憩するならココで、
とか把握しているので、心配はない。
途中のお店お店の人たちもみんなうちの子たちを知ってくれている。
というわけで、
得意げにおつかい代金を握りしめ、
私からもらったメモ片手に出発する。
あ~楽しいな~
たまにこの小さな冒険に近所の子も加わる。
            ○○      ○○
おつりで好きなものを買っていい、
という日もあるけれど、
あまりにも使い過ぎた日は、
まだ分かるかどうか分からないけれど、
お金の大切さをどうにか伝えてみる。
説明が下手だなあ~、と自分でも思いながら、
まああたしもこうやって成長していくさぁね~、と思いながら^^。
            ○○      ○○
「●●が今日全部おつりを使っちゃえ! っておやつに使っちゃったら、
明日のゴハンの材料を買えなくなって、
明日はゴハンが食べられないんだよ。
それでもいいの?」って説明、、、、、
みなさんどう思います~????^^
            ○○      ○○
とにかく、
自分たちの夏休みと違って、
通知表もなく、
9月1日に始まるわけではなく中途半端に8月の後半に
「2学期」という表現もなく始まる学校だけれど、
私がコドモの頃お母さんと、きょうだいと楽しく過ごした夏休みのように、
うちのみんなにも毎年毎年楽しい夏休みの思い出
作ってもらえたらなあ、って思う。
coffeejelly.JPG
さて、
8月も1週間が過ぎました。
セミも一生懸命鳴いています。
            
ENJOY your summer vacation!
by大隈さと子

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • 夏休みの過ごし方、おつかい、ボランティア
カテゴリ一覧