ファミリーの1歩先には親子スタイル

引きこもりの子供に与えられるもの

学校にも行けず、働くことも出来ないという子供がいる。

その子供は果たして「学校に行くことも、働くことも嫌い」なのであろうか?

嫌いなことは確かである。嫌いでなければ行けるわけだから。

だからといって、叱咤すればいいだろうのか?叱咤してもどうにもならないということは親が一番わかっているはず。
真に子供の望むものとはなんだろうか?

それは、恐らくは自分が生きていることが世の中にとって、何か意味があることを実感できることなのだと私は考えている。

彼はもっとも端的に表現された例が秋葉原の連続殺傷事件である。
彼は子供でも引きこもりでもないが、現代の思春期の青年の心理を端的に表現した例の一つと言っていい。

昔はこのような問題は起こりえなかった。
家には子供を置いておく余裕はなかったし、社会は成長期にあって労働力を否が応でも必要としていた。社会は労働を通じて社会と個人は互いに相互作用するものだということを教えてもくれた。

自分は何なのか?

ということは、他者との関わりを通じてしか体得できない。
他者と関わらなくていい、あるいは他者との関わりが希薄である、あるいは自分の努力が他者に何ら影響を及ぼさないとなると、自分の生きている意味がわからない。
いてもいなくても同じだということになる。
実際に、そのようなメッセージを社会は個人に対して発しているのだ。

生きていく意味を説かれても空しい。と悩んでいる者は思う。

引きこもり、若者の自殺、あるいは他殺は根が一つである。

自分が生きていて、生きていることが社会にとって意味があることが実感できないということが原因なのだ。

引きこもっている若者が、生きていくことの意味がないと思って、それに絶望しきってしまえば自殺するし、あるいは他人を殺すということは究極の自分の存在意義の表現だと思い、ついにはそれしかないと思えば他人を殺すことも場合によってはある。

実際に秋葉原の連続殺傷事件の加藤被告は、2ちゃんねるでは「神」とまで呼ばれているのはなぜか?

それは彼の行動に強い共感を感じるからに他ならない。


共感を覚えるからといって、彼を神と賞賛する者が殺人を犯すとは思えないが(共感することと実行することは別である。ここは重要なポイントであって、引きこもりや日雇い派遣労働者が潜在的に殺人者になる危険を持っているということを述べているのではないことに注意)精神的な危機にあることは確かだ。

昔ならば戸塚ヨットスクールのような矯正施設という解決策もあったが現在はない。

ではどうすればいいのか?

私は現在一つの試みを行っている。

存在の無力感、無意味な存在であるという状態から離脱したいというのは引きこもりの子供、日雇い派遣の青年たちの共通の切なる願いであろう。
それならば、社会に対して引きこもりの子供が影響が与えられることを、実感させられる場を作ればいいわけだ。

いま行っているのは、家からあまり外に出られない引きこもりの子供に対して、インターネットのビジネスを教えることである。

家から全く出られなくても、ネットのビジネスならば元手もかからず、パソコンさえあればできる。
三浦展氏が『下流社会』は、下流と定義されている若者が耽溺するものは3P(パソコン、プレイステーション、携帯電話:ページャー)とであると言っている。
なので、このような若者とパソコン、携帯電話、ゲームは親和性が高いのだ。

であれば、これをすなわちビジネスにして、お金を稼がせることで自分の力によって、社会に影響を与えられる確信を与えたいというのが私の作戦である。

この試みは緒についたばかりではあるが、意外にいい感触を得ていてこれは問題を解決する全く新しいソリューションになるのではないか?と考えている次第である。

文責:田村義隆

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 引きこもりの子供を持つ親御さん
■引きこもりから脱出する試み 自分でお金を稼がせることを通じて生きていく力を身につけさせたいという狙いです
■参考 「仮想的有能感と現実のギャップ」
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • 引きこもり 自殺 連続殺人 ネットビジネス 戸塚ヨットスクール
カテゴリ一覧