ファミリーの1歩先には親子スタイル

2学期始りましたね

夏休みが終わり、2学期になりました。それからすぐに部活動の秋の大会がありました。息子はソフトテニス部。夏休み中、練習がある日は毎日参加していました。息子にとっての初試合に、私がそわそわ。


 試合前日、レモンの蜂蜜漬けを作ったり、やかん一杯に麦茶を沸かしたり。私は高校時代にサッカー部のマネージャーをしていて、試合の前日に同じことをしていたことを思い出し、可笑しくなってしまいました。

 試合会場は、うちから徒歩5分の学校の校庭でした。場所をよく知らない子もいるので、うちの前に集合。どの子も、ユニホーム姿がりりしく、緊張からか顔も引き締まって見えました。
 ところで私が学生の頃、親が部活動の試合の応援に来ることはなかったように思うのですが、現在は応援に行く方も結構いるそうです。
今回、試合会場が家から近い事もあり、息子に見に行ってもいいのか聞いてみました。初めは「来るな」と言われたのですが、その後息子からお許しが出たので行きました。
行ってみると、すでに保護者がきていました。
皆さんマナー良く見ていましたが、中にはビデオ撮影している保護者もいて、その熱心さに驚きました。

 そして、息子の初試合。 
離れたところから観戦していましたが、息子がポイントを決めると 「よしっ!」と握りこぶしに力が入ってしまいます。
ペアと息のあった攻撃で得点すると、二人が顔を見合わせてニッコリしている姿を見ていると、私まで胸が熱くなってしまいました。

 試合が終わり帰宅した息子は、今回の反省やら今後に向けての抱負を熱く語ってくれました。部活動の時の息子は、また普段とは違う別の顔を見せてくれました。写真もビデオも撮りませんでしたが、いい思い出になりました。

(木村有希)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧