ファミリーの1歩先には親子スタイル

家族旅行の思い出

 私は、離婚してから長男が高校生になるまで、三人の子を連れて、世界のいろんなところに旅行に行きました。中学生のうちは、まだ、家族旅行の時は学校を休ませてもいいという、我が家ルールにのっとって(笑)、平日の安い料金設定で、家族旅行を何度も満喫したのです。

 ヨーロッパもアジアも、母国語が英語じゃないとこばかり行きましたので、現地での会話はお互い、かたことの英語。それでも、子供を連れていくと、現地の子供と仲良くなれるのは不思議です。家族の結束も固くなるんですよ。

 とにかく、私が「行く」と決めたら一人で決めるので早いので、子供たちの反応は、最初は「ええええ!」ですけれど、行けば結構楽しめるものです。うん。

8_26v.jpg

 普段は、海外でも私任せ。自主的になんにもしない長男長女でも、私がちょっと具合悪くなったりすると、さっとできちゃう。スーパーで買い物、近所への挨拶、中学生にはまだ、敷居が高いだろうと思ったけど、普通にこなしてましたね。言葉もちゃんと会話できてるし。私が具合悪いときじゃないとやってくれないのが問題だけど。

 長女はヨーロッパではナンパされまくり。知り合いの子供が私に、「お母さん、娘さんと夜の散歩をしてもいいですか?美しい星を見せたいのです」なぁんて言うんですよ。こんなこといわれたら、だめとはいえないですよね~。なぜか、娘はモテモテでしたね。

 海外家族旅行の楽しい思い出はたくさんあるのだけど、今は昔。長男は受験生、娘はバイト命・ケータイ命。もう、行けなくなってしまいました。

 思えば、家族でどこかいける時期なんて、家族にとって一瞬のとある時期だけのものなのかもしれません。

 あのとき、子連れでたくさん海外旅行しておいて、よかったなぁと思ってます。
 みなさんもぜひ、受験生になる前に、たくさん家族で旅行しておきましょう!

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
[平戸 京子]
(2010年09月16日 14:06) 個別ページ
カテゴリ一覧