ファミリーの1歩先には親子スタイル

真剣にやる日はいつくるか

娘の定期テストも終わって今はほんわかした毎日に戻りました。
定期テスト中はそれなりにがんばって、ああ普段あれもやっておけばこれもやっておけば……と思っても終わってしまえば忘れてしまって楽しく暮らす……の繰り返しです。

友達と映画を見たり、好きな音楽を聞いたり、そんな毎日がこれからもずっと大人になってからも続いていくんだと感じているような娘を見ていてあせりを感じることがあります。

ずっと親に守られてふわふわと好きなことだけ楽しんで生きていけるわけではないのですから、自分で目標を見つけてがんばる人になって欲しいのですが、なりたいものを聞いてもやりたいことを聞いても「今のままがいい」という答えが返ってきます。

「今のまま」の住まい、食事、趣味を大人になっても実現するには、働かなくちゃいけない。でもこれをして生きていくんだ!という強い好きなこともないので、将来の進路もわからない。だから、今とりあえず言われて仕方なく勉強しているけど、やる気がわかないなあと感じているように思えます。いろいろな刺激を与えたくて小学生の時から農業、漁業、会社員いろいろなところで働く大人と会ったり、科学系、歴史系のイベントなどに言ってみたりしてみましたが、どれも娘の「やる気ボタン」を押すには至らないようです。自分で見つけたやりたいことやなりたいものに向かってがんばる日はいつ来るのか。はらはらする思いで見守り続けています。

でも、違う国のきらきらした瞳の子供達を見るとほんっとあせってしまう時があります。これから世界がますます小さく感じられるような環境になります。仕事だって世界規模で競いあうかもなのに、ぼうっとしてる場合じゃないんだよお!と。

文責:和田理恵

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • 自立
[OSG親の悩み, 和田 理恵]
(2010年10月06日 14:21) 個別ページ
カテゴリ一覧