ファミリーの1歩先には親子スタイル

受験生の冬休み

 大学受験を控え、精神的にも厳しい状態のはずの長男。
 私は、大学までエスカレーター式の高校に行ったので、受験は高校受験しか経験がないのだけれど、やはり高校受験より、大学受験のほうが、精神的に辛いはず。

 私は母にかなりのプレッシャーをもらいながら勉強した記憶があるので、あまり口を出さないようにしようとは思っているのだけど、そうはいっても落ち着かないのが親ですよね。

 志望校の選び方一つにしても、本当は口を出したい。
 男の子だからなのだろうけど、とっても現実主義で、好きな分野は就職に結びつけるのが大変だからと、就職有利な学部を狙っている。本当は好きなことをやらせてあげたいなぁと思うのだけど、そういうと「趣味と仕事は別」と、逆に言い返されてしまう。

 今、大学受験をする子たちは、産まれたときからバブル崩壊していて、好景気を知らない世代。いつかなんとかなるさーという、楽観的なところがまったくない。

 なんとか、現状維持を目指そうとする世代なのだ。

 バブルの申し子みたいな私の意見は「かぁさんはいい時代だったからね」で退けられてしまう。なんだかかわいそうになってしまう。もはや、私のアドバイスは、理想論でしかないらしい。

 好きなことを極めて、そこそこ稼いで楽しく暮らせればいいやって時代は、はるか昔のことのようです。能天気な母をみて、現実的に社会を観察する息子の目は、たくましくもあり、かわいそうでもあり。

 皆さんのご家庭ではどうでしょうか。

 ちなみに、娘のほうはかなり能天気。来年4月には高3だというのに、バイト三昧な冬休みのようです…..。

(文・平戸京子)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧