ファミリーの1歩先には親子スタイル

電気に頼らない生活・・・夏編

冬は寒ければ着込めば良い。でも夏は暑いからといって脱ぐのも限界があるし、どうやってしのげばいいのか・・・この夏、東日本は、いかに電気を使わないで(使うとしても少量で)過ごすか?企業はもとより家庭でもそんな知恵を絞るときが来ている。例年の夏と比較して25%電気使用量を削減するにはどうしたらいいのか?

そもそも、冷房のない電車を知らない今の子供世代。最近では学校内でも冷房完備らしいが、そんな彼・彼女たち、果たして冷房のない電車に乗れるのか?冷房のない教室で勉強ができるのか?大丈夫?


私の記憶だと、例えば東京の地下鉄は、銀座線と丸の内線が、トンネルが小さいせいもあり最後の冷房のない電車だったように思う。あの暑い車両。窓を開けていても熱風しか入ってこない。ホームに冷房がきいていると、駅に到着したときの涼しい風がふわっと入ってきたなぁ。この夏、みんなが空調を最低限に絞るか止めるかしたとき、果たしてどんなことが起こるのだろう?我々利用者はどんな対策が取れるだろう?

浴衣に団扇や扇子、氷柱に扇風機(あ、これも電気使うなぁ、エアコンよりはましかな?)、短パンにTシャツやアロハ、サンダルに日よけ帽・・・とりあえず思い浮かぶす涼しい過ごし方はこんな感じ?
それとも、暑いところから脱出する?ロングバケーション?シエスタを取り入れる?勉強や仕事は比較的涼しい早朝や深夜にやる?

企業や政府から、色々知恵が続々出てくると思うけれど、一度それぞれのご家庭でも子供たちとこんな話をしてみてはどうだろう?案外大人が思いつかないような大胆な発想がでてくるかもしれないから。
(文:小林千早都)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • 電気 節電 震災 冷房 
カテゴリ一覧