ファミリーの1歩先には親子スタイル

緑のカーテン

 今年は、家庭菜園、子どもとやってみませんか?
 特にお勧めなのが、ちょうど今の時期苗が出始める、きゅうりです。

 このきゅうりを使ってベランダにグリーンカーテンを作り、強い日差しから室内を守って涼しく過ごそうというのが、狙い。もちろん、きゅうりの収穫も、目に見えるので楽しいですよ。

 昨年のきゅうりは、支えが短くてあまり伸ばせなかったんだけど、それでもグンと涼しくなったのです。朝夕の水やりが、打ち水代わりになったのかも。

kadfa.JPG

 今年は、支え棒の代わりに、緑のネットを使うことにしました。

PICT0011.JPG

 100円ショップで売っているネットを、シール式のカーテンフックに引っかけてぶら下げ、裾は植木鉢の下に入れ込むだけ。我が家は、はめ殺しの窓枠に取り付けてます。これで今年はたぶん、のびのびと葉を茂らせるはず。

 同時に、ふうせんかずらの種も撒きました。これは、きゅうりがおわる7月頃、きゅうりの代わりにカーテンになってくれるはずなのです。また、今年初挑戦したのは、ゴーヤ。これも、ネットに絡みついて、ぐんぐん葉を茂らせるはずです。

 今は、産地によっては悲しくなるほど野菜の値段が下がっています。だけど今後は野菜の値段が高騰するはず。簡単に育てられる緑の野菜は、家族の楽しみにもなるし、家計の助けにもなるかも。

 朝はカーテンを開け放して、毎日成長を子どもと見守っていきましょう。親がその態度をみせるだけ、それだけで、今年の節電のこと、野菜の値段のことなど、震災の影響について、OSG世代の子どもはきっと、深く考えてくれると思います。

 それにしても、電気なしの生活って選択肢がどうしてもできないのが、悲しいです。結局、東電から電気を買うしか暮らす方法がないのですから…..。

(文・平戸京子)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧