ファミリーの1歩先には親子スタイル

新社会人の息子に刺激をもらう

4月から社会人となった長男。
1か月ほど泊まり込みのあと、今は都心へ通い、と研修の日々が続く。

3月には「もうすぐ自由な日々も終わってしまう」「研修、気が重いなぁ」と後ろ向きな発言を繰り返していた息子なので、泊まり込みの研修の後はさぞかしへこたれて帰ってくるかと思いきや、「楽しかったよ」と意外な返事。


今は、4時半に起きて毎日出る課題をこなし、6時過ぎには家を出る毎日。朝早いので夜も早々に床についているようだ。(学生時代の宵っ張り生活とは大違い!)金融系の仕事なので「世の中の動向がわかって面白い」とは本人の弁。「俺って、この仕事向いてるかも」とまで言っていた。

配属が決まるのは来月からで、まだまだ厳しくなるのはこれからだし、これから何十年も働きづつけるうちには壁にもぶつかるだろうし、大変な思いもたくさん経験するだろう。でも、なにはともあれ、順調なスタートをきれてよかった。

学生時代は「疲れた~」が口癖で、根性は余り据わっていない子なのかな、と思っていたが意外と彼は強いのかもしれない。(親の欲目かな?)仕事上のことで最近凹み気味の私は、前途のある息子をうらやましいと思いつつ、励まされたりもしています。私もまだまだがんばるぞ!

(文:山口るみか)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧