ファミリーの1歩先には親子スタイル

今時の移動教室

 中学2年生の息子が2泊3日の移動教室に行ってきました。
3月の地震の影響で今までとは行き先が変わり、宿舎もホテルのような所からペンションになりました。
ペンションに泊まると聞いて私は驚いたのですが、子どもが少なくなっている今は男女別、クラス別にして、ペンションに分宿する移動教室というのがあるそうです。


 ペンションでは、オーナーそれぞれが工夫した「オーナーズタイム」と言うのがあり、楽器を演奏してくれたり、散歩に連れて行ってくれたりしたそうです。先生はその時は参加しないでほしいと言われて、子ども達とオーナーとの交流の時間で、これはペンションでないとできません。
 食事も材料は一緒でも、味付けはそれぞれの宿のオリジナルですが夕食はサラダ、スープ、魚料理、肉料理、デザートって、フルコースだそう。
朝もご飯だったり、焼き立てパンだったり。ただ、食べざかりなので「おかわり制限」がでたところもあるそうです。
私達の時代とは違うことをしみじみと感じました。

 息子にとって料理よりおいしかったのは、朝の散歩に出かけた時の森の空気だったそうで冷たくて、すごく気持ちよかったらしいです。

 話を聞いて意外だったのは、宿泊先の近くにある体育館で行った夜のお楽しみ会でした。
今までは目立つのはヤダといって、学芸会やお楽しみ会では目立たない役ばっかりだったのが、今回は班の仲間と「エアバンド」をしました。
息子はギターだったので、ホウキを持っていましたが、ドラムとキーボードはまさしく「エア」でした。ギタリストの息子は、頭にタオルをまいて観客の中に入って演奏したりと大熱演で、帰りのバスの中でもリクエストが来たそうです。
話を聞いて「珍しいね」というと「こういう時は弾けなきゃ」との答えが返ってきました。この発言にちょっと息子の成長を感じてうれしかったです。

 保護者会で様子をスライドで見ながら、楽しい移動教室でよかったなと思いました。

(木村有希)

カテゴリ一覧