ファミリーの1歩先には親子スタイル

食卓に見る家族の変遷

以前、家族全員が食卓に揃うことなんてめったになくなってしまった、という記事を書いたことがあったが、最近になって、5人一緒に食卓を囲む機会がとても多くなってきた。


今現在の我が家の家族構成。

主人、私、社会人1年生の長男、大学1年生の次男、高校2年生の長女。

長男はまだ研修期間ということなのだろうか、残業がなく、職場も近いので6時ごろには帰宅していることが多い。
次男は只今アルバイトを探している最中で、遊びに行くのは夜遅くなってから、というパターンなのでこれまた6時ごろには在宅率が高い。
長女も、最近部活を辞めてしまったので家にいることがほとんど。
毎晩9時過ぎの帰宅が当たり前だった主人も、節電の影響なのか、こちらがびっくりしてしまうほど、このところ帰宅が早い。

というわけなのだ。
娘は、この秋から予備校に通いだすし、次男もそろそろアルバイトを始めるだろう。長男もこれから仕事も厳しくなり、帰りは遅くなるかもしれない。

食卓に全員揃わない寂しさを一度味わっているだけに、みんなで食事をすることの幸せをかみしめている今日この頃なのです。
(文:山口るみか)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧