ファミリーの1歩先には親子スタイル

うれしいひと言

息子は思春期真っ盛り。
口数が少なくなり、ちょっぴり身だしなみにも気をつけるようになって、親といるより友達といる時間が長いようなこの頃です。

その息子は、今月誕生日を迎えました。


息子の誕生日と言えば、ケーキ作りが毎年恒例になっています。
幼い頃、卵アレルギーだった息子は市販のケーキが食べられなかったため、私が卵抜きレシピで作っていました。
当時作っていたのは、卵の代わりに重曹、塩と水を混ぜて、膨らませたケーキでした。もちろん、卵のようにふんわりとはいきませんし、味もそこそこでした。せめて、見た目だけでも工夫しようと思っていました。そんな時に、くまの顔型になっている耐熱ガラスの器を見つけました。
それからは誕生日には、くまちゃんケーキが定番になりました。
デコレーションは、生クリームで白クマ顔にしたり、クリームにココアを混ぜて黒クマにしたりと、毎年息子のリクエストを聞いて作ります。
目鼻をつけるのは、息子にお任せし、時には友人を招いて、子ども達がデコレーションをしてケーキを仕上げていました。

今年になってすっかり大人びて生意気になった息子。
そろそろ誕生日のくまちゃんケーキは卒業かしらと思い「今年の誕生日、ケーキはどうする?近所のおいしいお店で好きなケーキを買う?」と尋ねました。
すると「くまちゃんケーキにしてよ。あれがないと誕生日がきた気がしないから。」
CAE4XBEP.jpg
何となくくすぐったいような、うれしい気持ちになりました。

お正月におせちやお雑煮を食べるように、息子にとっては誕生日にくまちゃんケーキを食べることが当たり前になってしまったようです。
それならば、これからもケーキを焼き続けなくてはと、今までの感謝も込めて丁寧にくま型の器を洗いました。そして、また来年。

(木村有希)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧