ファミリーの1歩先には親子スタイル

大学へ再び

 この春は、子ども2人の受験がなんとか無事に終わりのんびりしていたのですが、今度は私が学生になってしまいました。

 わりと時間があり、仕事がらみのことをもう少し勉強したいな、と思っていたところで、出身学部に大学院が出来ていたことを知り、ちょうど秋期科目履修生の願書締め切りの直前で…などなどが重なって受験に至ったという訳です。


 久々のキャンパスは学部校舎が建て直されすっかりきれいになっていましたが、何より驚いたのは留学生の多さ。歩いていると他言語がよく聞こえるなと思っていたら、試験でも、今の授業も、中国人留学生が半数近くを占めています。それも圧倒的に女子。真面目だし、よく発言するし、積極的。院に残って日本で勉強するアジアの若い女性は何を目指しているのか、聞いてみたいです。

 大学院の授業は初めてですが、テキストをネットからダウンロードしたり、現状のテーマ(震災など)と関連づけたり、先生が関わる案件と連動していたり、社会人としては日々やっていることとなじみがあるので、思ったより入りやすい印象です。これから何に結びつくかはわかりませんが、いつもと違うところで刺激になっているな、という気がします。

 しかし入学したらなぜか急に忙しくなりはじめ、余裕のない日々に。。。挫折しないためにも、書いておくことにした訳です(苦笑)

(文・神谷巻尾)

 

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧