ファミリーの1歩先には親子スタイル

就活ぶっこわせデモ、どう見る?

11月23日に新宿で行われた就活ぶっこわせデモ、報道やネットでも話題になっていましたね。
賛否両論あるようですが、自分としては新卒の就職活動のシステムには疑問を感じていたので、学生側から声が上がるのは当然なのでは、と感じています。


「甘えだ」「負け犬の遠吠えだ」といった批判も多く、デモの映像を見ると確かに論点がわかりにくかったりもしますが、まずは問題意識を表明し、活発な議論に及んだことに意味があるのではないでしょうか。

サイト内の彼らの主張は、非常にわかりやすく、納得できます。以下一部引用します。

私たちが「就活ぶっこわせ」と言うとき、そこにはいくつかの次元があるように思います。一つには、既存の就活システムの制度的な異常性の問題であり、その異常性を「ぶっこわす」という意味で、制度的な改善を要求するという次元があります。他方、「就活」があまりに企業や教育機関の側に主導権を奪われている現状の中、学生を始めとする、就活生の側から「就活」を自らの手に取り戻していく、いわば「対抗・就活」的な次元があります。

「就活」という一つの概念が、大学生、高校生、既卒者、就活生を抱える親御さんといった様々な社会的な層の生活や考え方の中に侵食しています。要するに、この「就活」という概念を「ぶっこわ」さなければならないのではないでしょうか?

「就活」から見えてくるのは、この社会全体における、生き方、働き方といった問題です。

そう、社会への入り口の、小さな第一歩にしては、「就活」はあまりにも大きな意味を持ちすぎている気がします。
そんなことも論点に、新「ワークスタイルシフトで日本を変えよう! 働き方改革研究所」という新しい活動を始めたところです。一社会人として、これから子どもを社会に出す親として、知恵を出し合っていければ、と思っています。

文・神谷巻尾
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧