ファミリーの1歩先には親子スタイル

親と子で勝つ就職活動~高校生編~

弟は現在大学3年生で、今年が就職活動の年となります。
今年度新卒採用は準備期間が前と比べて2カ月も短くなり、大変バタバタとした中で自分に合う企業を選ばなくてはいけないので大変だという印象が広まっています。
私の就職活動時代がちょうどリーマンショックの年でしたが、あれ以来「氷河期」などという表し方をした厳しい時代が続いています。

さて、11月5日号の東洋経済は、「親と子で勝つ!就活」というテーマでした。
その中でおもしろい記事を見つけたのでご紹介します。


タイトルは【高校生から始まる就活教育】というもので、内容は以下のようなものでした。
現在キャリア教育に力を入れている高校では、入学してすぐの時から自己分析(自分の長所や合う職業を分析するもの)やOBの大学生を招いた講義を合宿形式でおこなっています。今の高校生が気になるのは、実際受験や大学生活よりもその後。高校生の疑問解消と、早期からの自分の意志確認を目的とした活動になっているようです。(※高校の詳細等は是非お買い求めの上お読みください)

就職活動を最近経験した者としては、
高校生の頃から「就活」に慣れすぎるのは良くないと思いますが、高校生の頃から「自分」への理解を深めることは大変良いことだと思います。上の記事はそういう意味では良いかもしれません。保護者の皆さまも、「自分」理解への手助けをしてあげることが一番のフォローになると思います。

(文:高畠朋美)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
[進路・就活, 高畠 朋美]
(2011年11月13日 23:28) 個別ページ
カテゴリ一覧