ファミリーの1歩先には親子スタイル

親子で友達リクエスト?

主人が、会社の後輩にFacebookを教えてもらったそう。

自分の出身大学、住んでいる地域・・等のプロフィールを入れていくうちに、「知り合いかも?」の欄に息子の名前が出てきた。


わけのわからないうちに色々なボタンをクリックしていて、間違って息子に友達のリクエストをしてしまったらしい。

後日、息子が「おれのFacebookにお父さんから友達リクエストが来ちゃってさ~・・!まったく何やってんだよ~・・」と気持ち悪がっていた(>_<)

あるある。わかります。
私のFacebookにも息子の名前が出ていますもん。息子の友達と思われる人の名前も出ていたりして、間違って「お友達になって」などとリクエストしないように、気をつけています。

ミクシィで息子の日記を盗み読みしたことも、実はあります。「意外と饒舌だし、文章うまいじゃ~ん」などと感心した半面、見てはいけないものを見てしまった気もした。息子からも、「お母さん、ミクシィやってるでしょ」と言われたことがあるので、彼の方も私の日記を読んでいるかもしれない。そう思うと、うかつなことは書けないぞと、次第に日記から遠ざかってしまった。娘もミクシィを始めたらしいが、あえて読まないようにしている。いくら家族だと言っても、侵してはいけないプライベートもあると思うので。

携帯電話がなかったころは、友達や彼氏の電話は家にかかってきたので、子どもの交友関係もある程度親は把握できていた。今では、その辺りは全くわからないのだが、その代わりミクシィやFacebookなどのSNSを覗き見すれば交友関係どころか、もっと深いところまでわかってしまうのだ。

(文:山口るみか)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧